シュレーバス・ビアガーデン

マーカーはシュレーバス・ビアガーデンです。

シュレーバス・ビアガーデン(Schrebers Restaurant & Biergarten)
[日本でも近年注目されているドイツ式の市民農園は、ライプツィヒにその起源を持ちます。当地の医師モーリッツ・シュレーバー(1808~1861)は近代工業化時代の開発優先の粗悪な住環境における健全な屋外空間の必要性を唱え、その遺志を継いだ世界初の市民農園協会が1864年に当地で創設され、市民農園はシュレーバーの名から「シュレーバー・ガルテン(Schrebergarten シュレーバー庭園)」と命名されました。記念すべき場所に建つ木造の協会棟(1896年築)は現在レストランとなっており、街の喧騒から離れた牧歌的な雰囲気のビアガーデンが人気です。敷地内のドイツ市民農園博物館(Deutsches Kleingärtnermuseum)を見学することもできます。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 ショッピング/お食事 お勧めレストラン」より)]

Deutsches Kleingärtnermuseum e.V. – Google Map 画像リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*