ツェントラールシュタディオン

マーカーはツェントラールシュタディオンです。

ツェントラールシュタディオン
[レッドブル・アレナ(ドイツ語: Red Bull Arena)はドイツザクセン州ライプツィヒにあるスタジアム。2010年6月まではツェントラールシュタディオン(ドイツ語: Zentralstadion Leipzig)という呼称であったがレッドブルが2010年に命名権を取得し、現在の名称となった。かつては1. FCロコモティフ・ライプツィヒやFCザクセン・ライプツィヒが本拠地としていたが現在はレッドブルが所有する3. リーガのサッカークラブ、RB ライプツィヒの本拠地。旧称のドイツ語の”Zentral”は、英語の”central”にあたり、英語で言うところの「セントラル・スタジアム」である。そのため日本語では「ライプツィヒ中央競技場」と訳出される。
東ドイツ時代の1956年に完成、10万人を収容するスタジアムは当時ドイツ最大級のスタジアムであり、東ドイツの「スポーツと体操の祭典」(Turn- und Sportfest der DDR)やサッカーの試合などで使用された。
しかし、次第に老朽化が進むにつれて1997年に改修を決定。2000年から2004年にかけて改修工事がなされ、2004年始めに新スタジアムとしてオープンした。改修に伴い、収容人数は44,199人となった。シュポルトフォールム・ライプツィヒにあり、隣にはスポーツやコンサートなどに使われるアレーナ・ライプツィヒがある。  (wikipedia・ツェントラールシュタディオンより)]

カメラ西南西方向がツェントラールシュタディオンです。

ツェントラールシュタディオンフィールドのストリートビューです。

ツェントラールシュタディオン観客席のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*