ドラレヴァッチュ横丁

マーカーはドラレヴァッチュ横丁です。

ドラレヴァッチュ横丁
[ドラレヴァッチュ横丁はライプツィヒ中心街でも最も活気あふれる場所です。マルクト広場(Markt)に面して入口のあるバーフース小路(Barfußgäßchen)を入れば季節を問わず道の両側に屋外席が並び、間をすり抜けるだけでもその熱気を存分に感じることができます。
「ドラレヴァッチュ」という名称は地元訛りで〝何かをしに行く〟といった意味の言葉が元となっており、ここにはその名の通りザクセン料理・バイエルン料理・イタリア料理・フランス料理・スペイン料理、そしてアイリッシュパブ・ドイツ風の寿司バーなどの多彩なレストランやクラブなどが集まり、まさに楽しみを見つけるのにぴったりの場所となっています。一角にはドイツ最古のコーヒー店「カフェ・バウム(Coffe Baum)」もあります。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 ショッピング/お食事 飲食街/ナイトスポット」より)]

カメラ東方向がドラレヴァッチュ横丁になります。

ドラレヴァッチュ横丁・朝の360citiesです。

ドラレヴァッチュ横丁・夜の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*