パノラマ絵画館≪パノメータ≫

マーカーはパノラマ絵画館≪パノメータ≫です。

パノラマ絵画館≪パノメータ≫
[パノメーターは、360度のパノラマ景観画を楽しむことのできる特色ある施設です。「パノメーター」の名称は「パノラマ」と「ガスメーター」を合わせた造語で、市街南部にあるレンガ造りのこの建物はガスタンクとして1909年に建設され、近年その筒型の形状を生かした芸術空間へと改造されました。ベルリンを拠点に活動する芸術家ヤデガー・アシシ(Yadegar Asisi)制作のそのパノラマ画は全長106メートル、高さ30メートルで世界最大を誇り、見学者は中央に設けられた台の上から周りに広がる実物大の景色を体験できるようになっています。
これまでにエベレストや古代ローマアマゾン熱帯雨林の景観が再現され、まるで実際にその場にいるような圧倒的なスケールと写実性、そして照明・音響の演出は公開の度に大きな反響を呼んできました。諸国民戦争ライプツィヒの戦い)から200周年となる2013年には、当時の戦乱のさなかのライプツィヒをテーマとする壮大な歴史絵巻「ライプツィヒ1813年 ~諸国民戦争の混乱の中で(LEIPZIG 1813 – In den Wirren der Völkerschlacht)」が公開を迎えています。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 美術 パノラマ絵画館《パノメーター》」より)]

カメラ南西方向がパノラマ絵画館≪パノメータ≫です。

パノラマ絵画館≪パノメータ≫入り口前のカメラです。

パノラマ絵画館≪パノメータ≫内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*