マルクト広場

マーカーはカメラ位置です。

マルクト広場
[ライプツィヒ市街の中心に位置するマルクト広場(Markt)はマルクト(=市場)の名の通り、毎週火・金曜には青物市が立ち、クリスマス市やイースター市といった行事の際はそのメイン会場となります。石畳の中央にはライプツィヒ市章の描かれた敷石モザイクがあり、広場を囲むように旧市庁舎、その向かって左手には日時計が目印の旧計量所(Alte Waage)、右手にはかつて各ザクセン君主ピョートル大帝ナポレオンなどが宿泊した黄土色の外壁の王侯館(Königshaus)が並びます。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 歴史 旧市庁舎・ライプツィヒ市歴史博物館」より)]

カメラ位置はマルクト広場で、カメラ東北東方向が旧市庁舎(ライプツィヒ市歴史博物館)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*