モーリッツ・バスタイ(モーリッツ要塞)

マーカーはモーリッツ・バスタイ(モーリッツ要塞)です。

モーリッツ・バスタイ(モーリッツ要塞・Moritzbastei)
[中心街にはナイトライフの中心となるいくつものバーやクラブがあるなか、地下クラブ「モーリッツ・バスタイ(モーリッツ要塞)」は他にはない異彩を放っています。これは中世以来の市街要塞の跡がヨーロッパ最大規模となる学生クラブへと改造されたというユニークな施設です。砦は旧市庁舎を建てた市長ヒロニムス・ロッターによって1554年に拡張され、防衛強化を命じた当時のザクセン選帝侯モーリッツ(在位:1547年 – 1553年)の名から「モーリッツ要塞」と名づけられました。1970年代に学生たちによって発掘、クラブへと改造され、発掘を行ったライプツィヒ大学の学生チームの中には、2005年にドイツ史上初の女性首相となるアンゲラ・メルケルの姿もありました。元要塞だけに外観はひっそりとしているものの、内部には居心地の良いカフェやバー、コンサートや文化行事の行われるステージや要塞の地下空間をそのまま利用したダンスフロアがあり、毎夜学生を中心に多くの人々で熱気にあふれています。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 ショッピング/お食事 飲食街/ナイトスポット」より)]

カメラ東北東方向にモーリッツ・バスタイ(モーリッツ要塞)があります。

カメラ南南西方向がモーリッツ・バスタイ(モーリッツ要塞)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*