ライプツィヒ造形美術館

マーカーはライプツィヒ造形美術館です。

ライプツィヒ造形美術館
[ライプツィヒ造形美術館(ライプツィヒ美術館とも)(Museum der bildenden Kuenste Leipzig)はドイツザクセン州ライプツィヒにある美術館。
ドイツ出身の画家・版画家であるマックス・クリンガーのコレクションが充実している。
収蔵作品[編集]
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ 「人生の諸段階」「リューゲン島の白亜の断崖」
●マックス・クリンガー 「キリストの磔刑」「オリュンポスのキリスト」「ベートーヴェン像」
ルーカス・クラナッハ 「アダムとエヴァ」
●ヨハン・カール・レースラー 「詩人ロスヴィータ・キントの少女時代の肖像」
ライプツィヒ造形美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・ライプツィヒ造形美術館より)]

[ひときわ目を引くベートーヴェン像は、美術史上の音楽を題材とした作品の傑作に数えられます。ライプツィヒ出身の彫刻家マックス・クリンガー(1857~1920)は楽聖ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンを古代神になぞらえ、7年の歳月を費やしてその姿を完成させました。そして1902年にウィーン分離派会館にてグスタフ・クリムトの大作『ベートーヴェン・フリーズ』と隣り合う形で初めて公開され、社会的反響を巻き起こします。その存在感ある造形は広く知られるようになり、1918年6月1日の徳島県板東俘虜収容所におけるベートーヴェン『交響曲第9番(第九)』日本初演時のプログラムの表紙にも当像がデザインされたほどです。クリンガーのベートーヴェン像は、日独交流の歴史にもその姿を残しています。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 美術 ライプツィヒ造形美術館」より)]

カメラ北西方向がライプツィヒ造形美術館です。

ライプツィヒ造形美術館ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*