中央駅プロメナーデン

マーカーは中央駅プロメナーデンです。

中央駅プロメナーデン
[ライプツィヒ中央駅(Leipzig Hauptbahnhof)は1915年開業のヨーロッパ最大の頭端式駅で、鉄製のアーチ型屋根の連なる広々とした空間に地上地下合計23線ものプラットホームがずらりと平行に並ぶ様子は壮観です。
内部は東西ドイツ統一後に全面的に改装され、交通施設としての歴史的な駅舎に現代的な駅ビル型商業施設「プロメナーデン(Promenaden)」が一体化されました。1995~97年にかけたこの改装では駅舎内3層にわたって142件もの商店が新設されたほか、かつての待合室等の華麗な内部装飾も保持され、新たに店舗として生まれ変わりました。ここには服飾品・化粧品・書籍・家電・生活雑貨・グルメ食品などが豊富に揃った各専門店、スーパーマーケットやレストランなどがあり、両替所・郵便局・コインロッカー、そしてシャワー室やいざという時のための警察署も置かれています。立体駐車場をも備えたこの駅ビル「プロメナーデン」は月~土曜の夜22:00まで営業しており、店舗の大半が日曜に開店していることも大きな魅力です。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 ショッピング/お食事 中央駅プロメナーデン」より)]

ライプツィヒ中央駅コンコースからのプロメナーデン(Promenaden)のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*