旧交易会館

マーカーは旧交易会館です。

旧交易会館(Alte Börse)
[旧市庁舎(ライプツィヒ市歴史博物館)の裏手にある白い外壁のバロック建築物は旧交易会館という。商都ライプツィヒにおける商人たちの集会所として1687年に完成し、商談や取引の場となってきた。現在では室内楽や文学などのサロンとなる。ゲーテ像の立つ会館前のナッシュマルクト広場(Naschmarkt)は、夏は広場いっぱいのカフェテラスが賑わいを見せ、クリスマス市の時期には中世風の屋台が並び幻想的な風情に包まれる。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 歴史 旧市庁舎・ライプツィヒ市歴史博物館」より)]

カメラ初期設定方向にゲーテ像、旧交易会館(Alte Börse)があります。

旧交易会館(Alte Börse)前のカメラです。

旧交易会館(Alte Börse)前の360citiesです。

ナッシュマルクト広場・夜の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*