旧計量所

マーカーは旧計量所です。

旧計量所(Alte Waage)
[マルクト広場(Markt)を囲むように旧市庁舎、その向かって左手には日時計が目印の旧計量所(Alte Waage)、右手にはかつて各ザクセン君主ピョートル大帝ナポレオンなどが宿泊した黄土色の外壁の王侯館(Königshaus)が並びます。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 歴史 旧市庁舎・ライプツィヒ市歴史博物館」より)]

[旧計量所(Alte Waage)はライプツィヒ市長の命によりヒエロニムス·ロッター(Hieronymus Lotter・1497年 – 1580年)と執行建築家ポール·スペックで(Paul Speck・不明 – 1557年)の設計で1555年に建設されたルネッサンス様式の建物です。すべての商品はここで計量し税が課せられた。
1850年の旧計量所絵・wikipedia-photo、2011年の旧計量所・wikipedia-photo]

カメラ位置はマルクト広場で、カメラ北北西方向が旧計量所(Alte Waage)で、建物上部に日時計が設置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*