ブラックヘッドのギルド

マーカーはブラックヘッドのギルドです。

ブラックヘッドのギルド(House of the Blackheads)
[ブラックヘッドのギルド(ラトビア語:Melngalvju NAM、ドイツ語:Schwarzhäupterhaus)は、ラトビアの首都リガの旧市街、市庁舎広場にある。元の建物は、リガのドイツ未婚の商人のためのギルド、ブラックヘッドのギルドとしての14世紀に建設され、主要な装飾の大部分が1580年と1886年に追加されました。建物は、ナチス・ドイツ軍の1941年6月28日の爆撃により破壊され、1948年にソ連により全て解体されてしまった。現在の建物は1995年~1999年に再建されたものです。ブラックヘッドのギルド・wikipedia-photo]

[リーガ旧市街の川沿い中央にある市庁舎広場に面するのが下のブラックヘッド会館だ。15世紀から、1941年にドイツ空軍の爆撃で破壊されるまで、数100年の時間をかけ建築、装飾したのが下のブラックヘッド会館である。現在、その建築のほぼすべてが再現されており、旧市街でもひときわ目を引いている。ブラックヘッド開館の正面にある丸い時計の下には、4大ハンザ都市、すなわちリーガ、ハンブルグリューベックブレーメンの紋章が浮き彫りにされている。そしてそれぞれギリシャ神話にでてくる神々が置かれている。往時、貿易商人の友愛会だったブラックヘッドのメンバーによりコンサートやダンスパーティーが盛大に行われていた大ホールは現在、ほぼすべて再現されている。いずれにせよブラックヘッドの会館は、ハンザ同盟の四大都市のひとつとして発展してきたリーガを物語る上で必須の建築物だ。  (「バルト3国現地調査 リーガ旧市街・歴史地区 ハンザ同盟」より)]

[リガの旧市街の中心、市庁舎広場にリガ・コーディネーション&イン フォメーションセンター(Tel: +371 6703 7906)があります。このセンターはリガの国際空港、リガ駅、国際バスステーションにもあります。リガやラトビアの旅行、レジャー、イベント、宿泊など の情報を得ることができ、地図、ガイドブック、ブローシャー、リガの歴史や建築に関する書籍、お土産、はがき、DVD、フィルムなども販売しています。  (「ツーリスト・インフォメーションセンター | ラトビア政府観光局公」より)]

カメラ南方向がブラックヘッドのギルドで、ここにリガ・コーディネーション&イン フォメーションセンターがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*