ラトビア占領博物館

マーカーはラトビア占領博物館です。

ラトビア占領博物館(Museum of the Occupation of Latvia)

[Google アートプロジェクト] – 「ラトビア占領博物館

[1940-1991ラトビア占領博物館(ラトビア語:Latvijasokupācijasmuzejs)は、ラトビアの首都リガにある歴史的な教育機関である。1940年にソ連によって、その後、1941年にナチス・ドイツによって、その後1944年再びソ連によって、ラトビアが連続して占領された20世紀の51年間のアーティファクトアーカイブ文書を展示して、占領された歴史と迫害の記憶を伝えるために1993年に創立されました。
博物館に規定された使命は、次のとおりです。
●1940年から1991年までの2国による占領全体主義体制の下で、ラトビアの土地や人々に何が起こったかを表示する。
●ラトビアの国家と国民に対する外国勢力による犯罪を世界の人々に提起する。
●占領時の犠牲者を忘れない。(非業な死をとげた人々、迫害を受けた人々、強制的の国外追放させられた人々そして占領体制の恐怖を受けた人々。)
外国の首脳のラトビアへの公式訪問のプログラムには占領博物館への訪問が含まれています。
博物館は、ウラジーミル・レーニンの生誕100年を祝うために、1971年に建てられた建物で、1991年まで建物はラトヴィア・ライフル部隊の博物館であった。
ラトビア占領博物館東側(市庁舎広場側)・wikipedia-photo、ラトビア占領博物館西側・wikipedia-photo、博物館の内の強制収容所の小屋の復元・wikipedia-photo]

[天皇・皇后両陛下は、市内の「占領博物館」をご視察(2007年)になられた。この博物館はナチスやソ連の占領時代をテーマにし、ラトビアの苦難の近現代史を伝えている。天皇・皇后両陛下は、かつてラトビアの人々がシベリア流刑で押し込まれた強制収容所の再現コーナーなど数々の展示物をご覧になられた。収容所でラトビア人が日本人から受け取った品もあったという。  (「両陛下とゆくバルト三国紀行…美しき欧州の古都を巡る 東アジア黙示録」より)]

カメラ北東方向がラトビア占領博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*