ラージ・ギルド

マーカーはラージ・ギルドです。

ラージ・ギルド(Large Guild)
[ラージ・ギルド(ラトビア語:Lielā Ģilde)は、ラトビアの首都リガにあり、イギリス・ゴシック建築の建築家K. Bejneによる設計で1857 – と1854年に建設された。建物は、同じ名前のギルドを収容するために建てられ、現在はラトビア国立交響楽団が使用している。
1918年のヴィンテージ絵葉書に描かれたラージギルド・wikipedia-photo、現在のラージギルド・wikipedia-photo]

カメラ西北西方向がラージ・ギルドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*