リガ大聖堂

マーカーはリガ大聖堂です。

リガ大聖堂
[リガ大聖堂(ラトビア語: Rīgas Doms)とはラトビアの首都リガの旧市街にあるルーテル教会大聖堂である。世界遺産として登録されている「リガ歴史地区」の一部である。1211年、アルベルト司教(Albert)によってダウガヴァ川の近くに建てられた。その後、増改築が何度も行われ、ロマネスク建築バロック建築などの建築様式が混在するようになった。現在の建築物は18世紀後半のものである。バルト三国における中世の大聖堂の中で最大規模とされている。大聖堂にあるパイプオルガンは1882年から1883年にかけて製作され、1884年1月31日に設置された。
リーガ城とダウガヴァ川を背にするリガ大聖堂・wikipedia-photo  (wikipedia・リガ大聖堂より)]

[リガ大聖堂はラトビア大司教の大聖堂であり教会です。歴史的には1561年のリボニア修道会崩壊まで、修道会の中心的役割を果たしてきました。また、中世においては、ラトビアを含む全バルト地域で、最古の、また最大の聖礼教会の一つでした。この大聖堂は、ローマ建築、初期ゴシック建築、バロック建築およびアール・ヌーヴォー様式の特徴を合わせ持っています。現在は教区教会およびラトビアのルーテル教会として積極的に活動し、ラトビアにおける世界のキリスト教会活動の中心的役割も担っています。また、ここはリガの音楽の中心でもあり、数世紀にわたって、歴史的、建築的、芸術的、そして文化的な価値を保持してきました。14−15世紀に会衆席西側と付属礼拝堂を増築し、身廊をより高くしてバシリカ式に形を変えました。大聖堂の塔はこれまでに数回改築されました。15世紀には、尖塔は140mほどの高さがありましたが、1547年の火災で焼失しました。
大聖堂のガイドサービスは電話で受けることができます。電話番号は+371 67227573です。  (「リガ大聖堂 | ラトビア政府観光局公式ポータル – Latvia Travel」より)]

カメラ北東方向がリガ大聖堂です。

ドゥアマ広場からのリガ大聖堂です。

リガ大聖堂内のカメラです。

リガ大聖堂中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*