リーガ城

マーカーはリーガ城です。

リーガ城
[リーガ城(Rīgas pils)は、ラトヴィアの首都リーガにある城。旧市街地区に位置する。リーガ城は、リーガ市民とリヴォニア帯剣騎士団の抗争の中で幾度も建設・破壊が繰り返された。1330年、抗争に勝利したリヴォニア騎士団の拠点として建てられたが、その後もリーガ市民と騎士団の対立は続き、一時は騎士団がツェースィスに拠点の移転を余儀なくされた。15世紀末より再び騎士団が優勢となり、市民に荒廃していた城の再建を命じ、1515年に再建が完了した。両者の抗争は16世紀後半に騎士団が消滅したことで終結するが、1621年からはグスタフ2世アドルフのスウェーデン王国の支配を受ける。18世紀前半になると大北方戦争によってロシア帝国に征服された。第一次世界大戦を経てラトヴィアは独立を果たし、1922年には初代ラトヴィア大統領官邸とされた。リーガ城・wikipedia-photo  (wikipedia・リーガ城より)]

[1330年、リヴォニア騎士団に敗れたリガ市民が騎士団の命令により建てさせられた城。 四隅に要塞塔のある修道院様式の4階建て。リガ市民との紛争で幾度となく破壊されたが、 1558年のリヴォニア戦争後はポーランド、スウェーデン、ロシアの支配者の住居として使われた。 18世紀から19世紀にかけて増改築が進められ現在の形となり、今では大統領官邸として使われている。 3階には国立ラトビア歴史博物館がある。  (「ラトビアのみどころ」より)]

カメラ西北西方向がリーガ城です、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*