古聖ゲルトルード教会

マーカーは古聖ゲルトルード教会です。

古聖ゲルトルード教会(St. Gertrude Old Church)
[古聖ゲルトルード教会(ラトビア語:VecāSvētāsĢertrūdesEvaņģēliskiluteriskābaznīca)は、ラトビアの首都リガにあるルーテル教会で、ラトビアの福音ルーテル教会の教区教会です。教会はĢertrūdesストリートのアドレス6に位置しています。教会は
、リガのドイツ民族の社会と長い付き合いがあり、ドイツ語で礼拝を行っています。
教会は、歴史的な都市の壁の外、リガの郊外に位置しており、戦争や攻城の時に無防備の状態におかれていた。教会は設立年は不詳ですが、1418年には現在の位置または近くに存在していました。最初は石で作られたが、後に取り壊された。 1589年から1591年には再建された。しかし、リガを含むリヴォニア地域は、1605年、カール9世_(スウェーデン王)によるリヴォニア侵攻を受けスウェーデン軍によるリガ包囲戦によって、教会は1605年に再び焼失した。再建された教会は、リガのロシア包囲(1656年・ロシアはロシア・スウェーデン戦争を引き起こしてスウェーデン領リヴォニアに攻め入り、リガを包囲した。)には損傷を受けなかったが、教会の鐘とオルガンが、ロシア軍によって略奪された。1700年に教会は再び大北方戦争により破壊され、1743年から1744年に教会は木造で再建された。1754年から1753年に教会は再び教会を拡充するために再建され、再び鐘とオルガンが設置された。以上の展開を踏まえ、元の石の教会の正確な場所に戻って石造りで再建を計画したが、市議会(当時石の構造は都市壁の内部のみに許可されていた。)によって拒否され、1778年から1779年に別の木造教会が建てられました。この建物はナポレオン1812年ロシア戦役で破壊され、教会は1814年から1817年に再建された。最後に1866年から1869年に現在の石とレンガの教会が木造の教会に置き換えるために構築された。
古聖ゲルトルード教会・wikipedia-photo、教会の内部・wikipedia-photo]

カメラ北西方向が古聖ゲルトルード教会です。

古聖ゲルトルード教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*