旧兵舎、城壁

マーカーは旧兵舎です。

旧兵舎
[1581年から、リガポーランド・リトアニア共和国の支配を、1621年からはグスタフ2世アドルフスウェーデン王国の支配を受ける。リガはスウェーデン王国最大の都市であった。18世紀に大北方戦争が起こると、ロシア帝国ピョートル1世がリガに侵攻、スウェーデン時代は終焉を迎える。  (wikipedia・リガより)]

[17~18世紀初頭にかけてのスウェーデン統治下に使われていた兵舎。意気のいい若い兵士達が行き来していた姿が想像できる。 今ではおしゃれなカフェやアクセサリーショップなどが入っていて、スタイリッシュな雰囲気が漂っている。 火薬塔脇にあたる兵舎の端の壁には様々なエンブレムが描かれていて人目を引いている。  (「ラトビアのみどころ」より)]

城壁
[旧市街が要塞であったことを知ることができる最も古いものが、この城壁。 今ではほんの一部だけが残されている。この城壁は13世紀から16世紀にかけて築かれたが、 ほとんどが破壊されて、ソ連時代に修復された部分だけが残されているため、比較的新し いもののように見える。この城壁の先にスウェーデン門があり、道を隔てた向かい側には 黄色い壁の旧兵舎が連なっている。  (「ラトビアのみどころ」より)]

カメラ西南西方向が旧兵舎の東端で壁面にラトヴィアの各都市の紋章が描かれています。

カメラ位置は旧兵舎の南側で、カメラ北西方向が城壁です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*