聖ゲオルギ教会(工芸博物館)

マーカーは聖ゲオルギ教会(工芸博物館)です。

聖ゲオルギ教会(工芸博物館・St. George’s Church)

[Google アートプロジェクト] – 「工芸博物館

[かつては1204年にリヴォニア帯剣騎士団の城として建てられ、後に聖ゲオルギ教会となった現存するリーガ最古の建物にある博物館。 タペストリーや木製品、陶芸品、琥珀のアクセサリーなどラトビアの民族工芸品を展示している。 聖ペテロ教会の裏、スカールニュ通りにある。  (「ラトビアのみどころ」より)]

[1204年に帯剣騎士団の城の一部として建てられた、現存するリガで最も古い建物。13世紀終わりに住民たちによって破壊され、この南側の部分のみが残された。後にここは聖ゲオルギ教会として使われ、宗教改革以後は倉庫となった。現在は工芸博物館となっていて、教会の面影はなく、見過ごしてしまいそうになった。  (「ラトヴィア(16) リガ旧市街散策(7) 聖ペテロ教会・聖ヨハネ教会」より)]

カメラ東北東方向が聖ゲオルギ教会(工芸博物館)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*