聖ヤコブ教会

マーカーは聖ヤコブ教会です。

聖ヤコブ教会(St. James’s Cathedral)
[セントジェームズ大聖堂、または聖ヤコブ大聖堂(ドイツ語:Jakobskirche,ラトビア語:Svētā Jēkaba katedrāle)は、ラトビアの首都リガにあるローマカトリック教会大聖堂です。大聖堂はヤコブ_(ゼベダイの子)を祀っている。ラトビアでは、他の多くの言語と同様に、ジェームズとジェイコブに同じ単語を使用しているため、混乱が生じます。建物はユネスコ の世界遺産に登録しているリガ旧市街の一部である。
教会の建物は1225年に献堂されましたが、もともとは大聖堂ではありませんでした。15世紀の初めにホーリークロス・チャペルが、初期のゴシック建築の教会の南の端に建てられ、その後教会の一部はバシリカに変換されました。宗教改革中の1522年に教会は、リガで二つめのドイツ語専用のルーテル教会となった。
1581年にポーランド・リトアニア共和国の共同統治王ステファン・バートリ(Stephen Báthory)がリガの支配を始め、1582年に対抗宗教改革の一環として、イエズス会に与えられた。その後、リガは1621年からグスタフ2世アドルフ​​のスウェーデン王国の支配を受け、教会は1621年にルーテル教会に与えられた。1812年にナポレオン・ボナパルトロシア遠征によって食糧倉庫として使用されていました。1901年に1680年製造のリガ最古のバロック様式の祭壇が新しいものに置き換えられました。
1923年の国民投票により、聖ヤコブ教会はその時点で福音ルーテル大聖堂でしたが、建物はローマカトリックの大聖堂として使用するためにカトリック教徒に戻されました。
セントジェームズ大聖堂の塔・wikipedia-photo、切手に大聖堂の画像・wikipedia-photo]

カメラ西方向が聖ヤコブ教会です。

カメラ南方向が聖ヤコブ教会です。

聖ヤコブ教会前・サエイマとの間の360citiesです。

聖ヤコブ教会内の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*