カウナス城

マーカーはカウナス城です。

カウナス城(Kaunas Castle)
[ドイツ騎士団の侵攻に備えて13世紀に建造された要塞です。1363年に騎士団により幾度もの攻撃を受け破壊。その後、15世紀に再建されるものの、ビタウタス大公の時代に防衛拠点としての役割を終え、17世紀から18世紀にかけて戦争により、再び城の大部分が破壊されました。現在は、塔と城壁の一部が残されるのみとなっています。  (「DTACリトアニア観光情報局 – カウナス」より)]

[「カウナス城」は、ドイツ騎士団の攻撃を防ぐため、13世紀に造られた城で、かつては4本の塔と高さ9mの城壁に囲まれていた。城の下部、張り出したところは、大砲などの攻撃にも耐えられるように、16世紀に増築されたもの。現在この建物には、観光センターが入っている。城の南側には、「聖ゲオルギ(ジョージ)教会」と「ベルナルディン修道院」が並んで建っている。どちらも16世紀に建てられたゴシック様式の建物。「聖ゲオルギ教会」は、旧ソ連時代に放置されていたため、内部は荒れたままの状態である。また「ベルナルディン修道院」は、薬学の教室として使用されていたが、独立後は修道院として修復を行っているという。  (「カウナス城と旧市街: おかねの情報室」より)]

カメラ西南西方向がカウナス城です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*