コヴノ・ゲットー

マーカーはKovno Ghetto Gate碑です。

コヴノ・ゲットー
[コヴノ・ゲットー(Ghetto Kowno)は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツリトアニアのコヴノ(リトアニア名カウナス)に設置したゲットーユダヤ人隔離居住区)である。
ナチス・ドイツとソ連は1939年8月に独ソ不可侵条約の秘密協定を結んだ。この中で独ソは、ポーランドを共に侵略して分割占領し、さらにバルト諸国をソ連に割譲することを取り決めていた。これに基づき、ソ連は1940年6月にリトアニアに赤軍を侵攻させて全土を占領した。コヴノもソ連に占領された。しかし1941年6月に独ソ戦が開始されたため、リトアニアやコヴノからソ連軍は駆逐され、ドイツ軍によって占領されることとなった。
コヴノには全人口の25%を占める4万人のユダヤ人が暮らしていた。ソ連に理不尽に侵略されたリトアニアでは反ソ・反ユダヤ主義感情が蔓延していた。リトアニア人の報復的な殺人行為にドイツ当局も協力し、ドイツ軍の占領からわずか1カ月の間でコヴノでは約1万人のユダヤ人が殺害されることとなった。並行してドイツ占領当局はゲットー創設を開始した。アインザッツグルッペンはコヴノのユダヤ人名士を招集し、ユダヤ人住民全員をヴィリアンポリ(リトアニア語: Vilijampolė、ヴィリヤンポレ)街区に移住させることを通達した。ユダヤ人側は中止してほしいと請願したが、アインザッツグルッペンは「これが現地民によるポグロムを防止する唯一の方法だ」などと返答した。
1941年8月にはゲットーが封鎖されて、約3万人のユダヤ人が隔離された。しかしそれから数カ月のうちにゲットー住民のうち3,000人が殺された。さらに1941年10月28日には約9,000人(コヴノ・ゲットー全住民2万7,000人のうちの3分の1にあたる)が町はずれの第9砲塁に連行されて殺害された。この結果、コヴノ・ゲットーは約18,000人ほどのゲットーとなった。
コヴノ・ゲットーのユダヤ人評議会は他の東ヨーロッパのゲットーのユダヤ人評議会と異なり、住民の選挙によって選ばれていた。そのため、コヴノ・ゲットーのユダヤ人評議会はゲットー住民から比較的支持を集めており、ゲットー内の地下組織ともユダヤ人評議会は協力していた。ユダヤ人ゲットー警察さえもナチスに対するゲリラ活動を支援していた。
1943年秋に親衛隊が直接のゲットー管理に乗り出して、コヴノ・ゲットーは強制収容所に転換された。以降、ユダヤ人評議会の権限は大幅に小さくなった。親衛隊はコヴノ付近に付属収容所を次々と創設して、ゲットー住民を分散させていった。1943年10月には基幹収容所の囚人から2,700人ほどを移送した。健康な者はエストニアの労働収容所へ、一方労働できそうにない者、老人、子供などはアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所へと移送した。ソ連軍の接近に伴い、1944年7月8日に親衛隊はコヴノ強制収容所の撤収を決定。残っていた囚人たちはダッハウ強制収容所シュトゥットホーフ強制収容所へと移送された。ソ連軍がコヴノに到着する前にゲットーや収容所は徹底的に破壊された。この際に2,000人ほどのユダヤ人が殺された。  (wikipedia・コヴノ・ゲットーより)]

[カウナスでは、保護を口実に1941年(昭和16年)8月末までに、ヴィリンヤンポレに設置されたゲットーにユダヤ人の移送が完了し、1万5,000人が住んでいた密集家屋に約3万のユダヤ人が押し込められた。独ソ戦開始前のカウナスのユダヤ人人口は約4万であり、開戦後わずか2カ月で1万人ものユダヤ人が殺害されたのである。1939年から1940年という杉原千畝のカウナス赴任は、それより早くても遅くても、難民救済に効果を発揮しなかった。その赴任の時期は、ゾラフ・バルハフティク(Zerach Warhaftig)が「タイムリー」と呼ぶ時宜にかなったものであり、「カウナスでのあの一カ月は、状況と場所と夫という人間が一点に重なった幸運な焦点でした。私たちはこういうことをするために、神に遣わされたのではないかと思ったものです」と杉原夫人は述べている。  (wikipedia・杉原千畝より)]

[1944年にドイツ占領下リトアニア、Kaunas/カウナス市Vilijampole/ヴィリヤンポレから同じくリトアニアのVilkija/ヴィルキヤに宛てて出された書留(画像リンク)です。書留ラベルにはKauen 6/カウエン6とありますが、当時カウナスはドイツ語名のカウエンが正式名称でした。「6」はカウエン6区という意味です。6区は占領前、ヴィリヤンポレ区と呼ばれていて、消印も占領前の第一共和国時代の物を使用していたので「カウナス・ヴィリヤンポレ」のままになってます。戦後、再びヴィリヤンポレ区に正式名称が戻りました。カウエン6区局はリトアニアの歴史の教科書に出てくる有名な郵便局で、カウナス最大のユダヤ人ゲットー:ヴィリヤンポレ・ゲットーの正面門の前に設置されていました。従業員の一部はユダヤ人で、ここで働けば過酷な肉体労働が免除されました。カウナスは杉原千畝さんがいたことでも知られていて、彼の救えなかったユダヤ人達の大部分が収容所に送られる前、このゲットーに集められました。
Vilijampole/ヴィリヤンポレはカウナスに流れる川、ネリス川が、ネムナス川(ドイツ名メーメル川)に合流して終わる地点にあります。  (「第二次世界大戦ドイツ占領下ヴィリヤンポレの書留 – リトアニアの」より)]

カメラ北北東方向にコヴノ・ゲットー・ゲートがありました。(「Kaunas, Lithuania – GUTSTEIN.NET Home Page」より)。カメラ北北東方向家屋前にKovno Ghetto Gate碑が建っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*