タダス・イヴァナウスカス動物学博物館

マーカーはタダス・イヴァナウスカス動物学博物館です。

タダス・イヴァナウスカス動物学博物館
[タダス・イヴァナウスカス動物学博物館 は、リトアニアカウナスにある博物館である。1918年、タダス・イヴァナウスカスが彼のコレクションを持ち寄り設立した。
現在、4階建ての建物の中に数千の動物の剥製を保管している。  (wikipedia・タダス・イヴァナウスカス動物学博物館より)]

ライスヴェス・アレヤ
[ライスヴェス・アレヤ(リトアニア語:Laisvės Alėja)はカウナスの中心街を東西に走る目抜き通りである。ソ連時代にはスターリン通りと呼ばれた。
「ライスヴェス大通り」とも訳され、リトアニア語で「自由大通り」を意味する。商業の中心地となっており、車両はこの大通りには進入できない。東は聖ミカエル教会から西は中央郵便局や動物学博物館まで続き、そのままカウナスの旧市街に続く。
ヨーロッパで最も長い歩行者天国のひとつとされる。自転車を除く車両がこの大通りを走ることは禁じられているが、途中、交差点で自動車がこの大通りを南北に横断することはできる。通りの中央には樹木が植えられているため、通りは左右2つの歩道に分かれている。
大通りの建設は19世紀後半から20世紀初頭にかけて行われた。カウナスに要塞が作られたため、建物は聖ミカエル教会など一部の例外を除いて、2〜3階建てに制限されている。
かつては車両もこの通りを走っていたが、1982年、建築家V・パラウスカスとV・パレツキエネの企画により、歩行者天国に変えられた。  (wikipedia・ライスヴェス・アレヤより)]

カメラ北西方向がタダス・イヴァナウスカス動物学博物館で、カメラ北北東方向が中央郵便局です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*