チュルリョーニス美術館

マーカーはチュルリョーニス美術館です。

チュルリョーニス美術館(日本語:国立チュルリョーニス美術館、英語:M. K. Čiurlionis National Art Museum、リトアニア語:Nacionalinis Mikalojaus Konstantino Čiurlionio dailės muziejus)
[1921年に設立された、リトアニアで最も有名な画家であり作曲家でもある、ミカロユス・チュルリョーニスの作品を集めた美術館です。現在の名称で呼ばれるようになったのは1944年のこと。それ以前は「ヴィータウタス大公文化博物館」と呼ばれていました。1969年に増築が行われ、現在はチュルリョーニスの作品はもちろん、17世紀から20世紀にかけてのリトアニアの民俗芸術作品や、エジプトの美術作品、貨幣なども展示されています。また、旧リトアニア共和国大統領官邸や、ガラウネ一家邸宅などの分館を抱えています。  (「DTACリトアニア観光情報局 – カウナス」より)]

国立チュルニョーニス美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がチュルリョーニス美術館です。

チュルリョーニス美術館のストリートビューです。

ルーカス・ファン・ファルケンボルフ作『川の風景』(1580–1590年)(wikipedia-photo)

ルカ・ジョルダーノ作『洗礼者ヨハネ』(1650 – 1675年) (wkipedia-photo)

フランソワ=グザヴィエ・ファーブル作『ミハウ・クレオファス・オギンスキ王子とマリア・ネリの娘であり、カロル・ザウスキ伯爵の妻であるアメリア・オギンスカ王女(1805-1858)の肖像画』(1808年)(wikipedia-photo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*