ヴィータウタス大公教会

マーカーはヴィータウタス大公教会です。

ヴィータウタス大公教会(Church of Vytautas the Great)
[15世紀前半に建造された、赤煉瓦造りのゴシック建築の建造物です。またの名を「聖母被昇天教会」と言います。リトアニア大公であるヴィータウタスが、ヴォルスクラ川の戦いで難を逃れたことを神に感謝するために捧げられたカトリック教会です。ナポレオン戦争の際は弾薬庫として使用され、1850年から1899年には東方正教会が置かれました。また、作家のJ・トゥマス=ヴァイジュガンタス司教は、ここに埋葬されています。  (「DTACリトアニア観光情報局 – カウナス」より)]

[教会の入り口横には、水位を現すプレートが掛けられている。「ヴィタウタス大公教会」は「ネムナス川」のほとりに建てられているのだが、1946年3月24日、洪水に見舞われた際の最高水位である2.9mが示されている。教会の南側には「ネムナス川」が流れており、この前に小さな広場がある。ここは15~17世紀の間、ハンザ商人が仕入れた品々を荷揚げした場所である。ここで荷揚げされた商品は、「市庁舎広場」で開かれた市で売買されたという。  (「カウナス城と旧市街: おかねの情報室」より)]

カメラ南南東方向がヴィータウタス大公教会です。

ヴィータウタス大公教会内のカメラです。

ヴィータウタス大公教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*