第9要塞博物館

マーカーは第9要塞博物館です。

第9要塞博物館(9th Fort Museum)
[カウナスには19世紀に帝政ロシアが建造した12カ所の要塞がありましたが、後にそれらは要塞は破壊され、この第9番要塞が唯一現存する要塞となりました。第二次世界大戦の最中、リトアニアを占領したナチス・ドイツはリトアニアの各地から5万人にも及ぶユダヤ人をこれらの要塞に収容し、その多く強制収容所に送り虐殺したと言われています。そうした犠牲者の中にはナチス・ドイツだけでなく、旧ソ連による犠牲者も含まれていました。この第9要塞のすぐ近くには、そうした犠牲者の遺品や写真などを集めた資料館が設けられていて、ガイド付きで見学できるようになっています。  (「DTACリトアニア観光情報局 – カウナス」より)]

[リトアニアで起きたホロコーストの歴史は3つの段階に分けられる。まずは1941年の夏からその年の末まで、そして1941年12月から1943年3月まで、最後に1943年4月から1944年7月中旬まで、の3段階である。
ドイツの行動部隊「アインザッツグルッペン」(ドイツ語: Einsatzgruppen)はドイツ陸軍部隊が進軍していくにつれてユダヤ人を組織的に殺害、ドイツが占領して数ヶ月経った1941年末までにはリトアニア・ユダヤ人の多くが殺された[1][2]。約8万人のユダヤ人が10月までに殺され、そして年末までに約17万5000人が殺害された[1]。この時点では強制収容所はまだ準備段階にあったため、リトアニア・ユダヤ人の大半はゲットーでの居住は強制されず、また強制収容所に送られることもなかった。そのかわり、ユダヤ人たちは居住地の近くで射殺されるなどした。カウナス近郊の第9要塞やヴィリニュス近郊のポナリ(ポーランド語: Ponary、リトアニア語: Paneriai パネレイ)の森などで起きた大量虐殺は有名である。  (wikipedia・リトアニアにおけるホロコーストより)]

第9砲塁紹介サイト・「Holocaust – ninth fort – GUTSTEIN.NET Home Page

カメラ南西方向が第9要塞博物館です。

第9要塞博物館内のカメラです。

カメラ北東方向が第9要塞博物館で、カメラ西南西方向が第9要塞博物館モニュメントです。

第9要塞博物館モニュメント前のカメラです。