ホルステン門

マーカーはホルステン門です。

ホルステン門
[リューベック中央駅から旧市街へ向かうと,まず目に入ってくるのがリューベックの象徴,ホルステン門である。威風堂々たる姿が往時の繁栄ぶりを物語る。ホルステン門は1464~78年に建造された。門を中心につくられた堡塁が旧市街を取り囲み,都市を強固に守っていた。
門の前に立ち見上げると,正面上部に金字でラテン語が刻まれているのに気付く。CONCORDIA DOMI FORIS PAX,「内は団結,外には平和を」という意味である。
ホルステン門は横から見るとやや西側に傾いている。これはもともと地盤が弱かった上に,防衛上の理由から西側の壁をより厚く(3.5m)造ったためである。
現在,内部は歴史博物館として使用されている。  (「リューベック・ホルステン門と塩倉庫 – Moin! Hamburg …」より)]

カメラ東方向がホルステン門です。

ホルステン門外のカメラです。

ホルステン門内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*