リューベック人形劇博物館

マーカーはリューベック人形劇博物館です。

リューベック人形劇博物館
[世界各国の人形劇に使われる人形を展示している博物館。1万5千にも上る人形コレクションは、館長フリッツ・ファイ氏の父親が、人形劇を上演しながらヨーロッパ中を回って集めた人形に始まり、ファイ氏自身が世界中の人形劇の人形を集めて増やしてきたもの。現在では、人形だけでなく、衣装や小道具、100年以上前に人形劇の伴奏に使われていた手回しオルガンなどを幅広くコレクションしています。  (「データ – 世界ふれあい街歩き」より)]

リューベック人形劇博物館前・路面上の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*