ヴィリー・ブラント・ハウス

マーカーはヴィリー・ブラント・ハウスです。

ヴィリー・ブラント・ハウス
[ヴィリー・ブラント・ハウスは、リューベックが生んだ偉大な人物ヴィリー・ブラントの生誕94周年を機に、上品な都市貴族邸の中に開設されました:ここは、現代史を学ぶ場所であり、元連邦首相にしてノーベル平和賞受賞者を偲ぶ博物館兼記念館なのです。
スリリングな演出とマルチメディアによる展示「ヴィリー・ブラント ─ 20世紀の政治人生」を通して、ワイマール共和国から再統一にいたるブラントの経歴をたどり、現在なお影響力をもつ彼の思想を分かりやすく紹介しています。 その際、彼の生涯と並んで、民主主義や人権、平和といったテーマが中心に据えられています。  (「リューベック:北欧的な美しさと崇高な精神。」より)]

[ヴィリー・ブラント・ハウスでは、ワイマール共和国からドイツ再統一にいたる彼の政治人生がマルチメディアで分かりやすく紹介されていて、同時にドイツの歴史、現代史も学ぶことができます。ベルリンの壁が築かれた当時、ブラントが西ベルリン市長を務めていたことから、中庭にはベルリンの壁の一部が展示され、売店では小さな「ベルリンの壁のかけら」を購入することもできます。
政治や歴史というとつい堅苦しく考えがちですが、「民主主義」「人権」「平和」という人類共通のテーマが中心にあるこの博物館では、誰もが何かしら感じることができるはず。入場無料なので、ぜひたくさんの人に訪れてほしい場所です。  (「ドイツの英雄ヴィリー・ブラント博物館/リューベック」より)]

ヴィリー・ブラント・ハウスエントランスのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*