音楽&コングレスホール (MuK)

マーカーは音楽&コングレスホール (MuK) です。

音楽&コングレスホール (MuK)
[旧市街の最高地点に聳え立つ聖マリエン教会と対をなしているのが、現代的な音楽&コングレスホール (MuK) です。 リューベック最大のホールであり、国際会議場やコンサートハウス、市民ホールとして、そしてシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭のメイン会場として利用されています。 現代的な建築デザインと並んで、MuKの際立った特徴になっているのが、屋上を飾るトーマス・シュッテの群像『異邦人』です。これは、ドクメンタ出展作品だったもので、故郷を離れ、異国の地で新たな生活を見いださなければならなくなった人々を象徴しています。  (「リューベック:北欧的な美しさと崇高な精神。」より)]

トラーヴェ川歩道橋上の360citiesで、反転すると音楽&コングレスホール (MuK)です。

音楽&コングレスホール (MuK)ステージのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*