リトアニア国立博物館

マーカーはリトアニア国立博物館です。

リトアニア国立博物館
[王宮と大聖堂の近くにあるヴィリニュス城(ケディミナス城)の一部であった、かつての武器庫を改装した博物館です。ここにはリトアニアの歴史、および文化に関わる様々な資料が収蔵されています。  (「DTACリトアニア観光情報局価値ある体験スポット 見どころ案内 ヴィリニュスとその近郊」より)]

ビリニュスの城 1740年平面図

1・西塔、 2・サザンタワー(土台が残っている)、3・宮殿(遺跡が残っている)、低城:4・ゲイツと都市への架け橋(Piliesストリート)、5・ティルト通りへの道路や橋、6・大聖堂、7・最高裁裁判所の宮殿、8・司教の宮殿、9・王宮、10・宮殿の庭園、11・18世紀後半以来のアーセナル(兵器庫)で現在は博物館、 12・アーセナルの北東塔と門、13・アーセナルの庭

リトアニア国立博物館 – Google Map 画像リンク

リトアニア国立博物館の鳥瞰カメラです。

カメラ初期設定方向がリトアニア国立博物館です。

カメラ位置はアーセナル(武器庫・現博物館)の東庭で、カメラ南南東方向がヴィリニュス城(ケディミナス城)アッパーへのケーブルカーです。

リトアニア国立博物館のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*