リトアニア美術館

マーカーはリトアニア美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「リトアニア美術館

リトアニア美術館
[リトアニア美術館(リトアニア語:Lietuvosdailėsmuziejusは)はリトアニア・ヴィリニュスにある美術館で、1933年にヴィリニュス市博物館として設立され、リトアニア最大のアートコレクションがあります。
リトアニア美術館の起源は、ロシア帝国によりリトアニア住民のロシア化を進めようとした時代に遡ります。
当時のリトアニアの領土の大半は、ポーランド・リトアニア分割によりロシア帝国領となっていました。1831年の11月蜂起、1863年の1月蜂起はいずれも失敗に終わり、ロシア帝国皇帝アレクサンドル2世はその後ロシア化政策を強化、1864年、リトアニア語による出版物の発行が禁じられ、文化施設や教育機関が閉鎖を余儀なくされました。20世紀初頭には、リトアニア語を母語とする市民はごく少数しか残っていませんでした。そのような時代背景のなか当時の多くの美術展は、リトアニア美術協会に作品を寄贈し、恒久的な施設の計画を立て始めましたが、活動は第一次世界大戦(1914年 – 1918年)によって中断されました。
第一次世界大戦中、ヴィリニュスはドイツ帝国の占領下に置かれ、ドイツ占領下で、リトアニアは独立を宣言。ドイツ軍撤退後、ヴィリニュスはポーランド民兵部隊の支配下に置かれました。
1919年2月ポーランド・ソビエト戦争が起こると、ヴィリニュスは、赤軍とポーランド軍の度々の戦場となる。リトアニアは、ソ連とポーランドの双方を相手に戦いながら、1920年リトアニア共和国を宣言。しかし、ポーランドは、7月にソ連とリトアニア間で締結された条約を無視して、ヴィリニュスへ軍事侵攻。10月7日にスヴァウキ協定締結後、ジェリコフスキ(Lucjan Żeligowski)将軍率いるポーランド軍第1リトアニア=ベラルーシ歩兵師団がヴィリニュスを占領すると(ジェリンスキの反乱・Bunt Żeligowskiego)、10月12日に傀儡国家の中部リトアニア共和国が作られ、その数年後ポーランドに編入されました。
戦後、恒久的な施設の計画は再開されました。1933年に、当時ヴィリニュスを支配していたポーランド政府の行政部門であるヴィリニュス県は、市立博物館の設立を決定しました。芸術作品はさまざまな建物に集められて保管されていましたが、訪問者はアクセスできませんでした。1941年4月、最初の展示会が開催されました。当時はヴィリニュス県立美術館として知られていた。1997年1月、リトアニアの新政府は、博物館に国立博物館としての現在の地位を与えました。現在は文化省の一部です。
博物館のコレクションには、16世紀から19世紀までの約2,500枚の絵画が含まれています。これらは主に、16世紀から18世紀までのリトアニア大公国の貴族と聖職者の肖像、およびリトアニアの教会と回廊の宗教的作品で構成されています。15世紀から20世紀までのイタリア、ドイツ、フランス、フランドル、オランダ、ポーランド、英語、および日本のアーティストによる8,000以上の描画を保有しています。
20世紀前半には、12,000を超える作品が展示されています。20世紀後半のコレクションには、21,000以上の展示があります。彫刻コレクションは、14世紀から20世紀にかけての、ヨーロッパの多くの国々からの作品が展示されています。他の注目すべきコレクションには、水彩画とパステルで行われた作品、写真が含まれます。
リトアニア美術館・wikipedia-photowikipedia-photo]

カメラ南東方向がリトアニア美術館です。

リトアニア美術館内のストリートビューです。