ヴィリニュス・第2ゲットー

マーカーは観光案内所前です。

ヴィリニュス・第2ゲットー
[ヴィリニュス・ゲットーは第1ゲットーと第2ゲットーから成り、第1ゲットーには労働証明書のない者とその家族が収容され、第2ゲットーには労働証明書がある者とその家族が収容された。ゲットー設立当初の人口はそれぞれ3万人と10万人だったとみられている。第1ゲットーの住民はゲットー開設後まもなくポナリヘ連行されて全員がそこで銃殺され、1941年10月末までには第1ゲットーは廃止されている。以降ヴィリニュス・ゲットーは一つだけとなった。ドイツ当局はヴィリニュス・ゲットーの人口を1万2000人にまで抑えるつもりであった。そのため1941年11月から12月にかけてもヴィリニュス・ゲットーで激しいユダヤ人狩り(連行してポナリで銃殺)が行われた。1941年末までにゲットーの人口は2万人になっていた。戦前からヴィリニュスに住んでいたユダヤ人の3分の2はこの時点で殺されていた。  (wikipedia・ヴィリニュス・ゲットーより)]

カメラ位置はヴィリニュス・第2ゲットーの中心付近で、カメラ南南東方向先に観光案内所が、その先が市庁舎広場になります。

カメラ位置は観光案内所前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*