ヴィリニュス市庁舎

マーカーはヴィリニュス市庁舎です。

ヴィリニュス市庁舎
[ヴィリニュス市庁舎(リトアニア語:Vilniausrotušė)は、リトアニアヴィリニュスの旧市街の同名の広場にある歴史ある市庁舎です。ヴィリニュス市庁舎は1432年に初めて記述されました。当初の建物はゴシック建築の建物で、それ以来何度も再建されています。現在のヴィリニュス市庁舎は1799年にLaurynasGucevičiusの設計に従ってで再建されたネオクラシック建築の建物です。市庁舎はそれ以来変わっていない。また、当初のゴシック建築の地下室は保存されており、訪問することもできる。現在は、ジョージ・ウォーカー・ブッシュエリザベス2世を含む外国政府高官や元首の訪問の際のレセプションのために使用されています。
ヴィリニュス市庁舎・wikipedia-photowikipedia-photo、LaurynasGucevičiusによる最初の復興計画図・wikipedia-photo、マルチンザレスキー(Marcin_Zaleski)による1863年のヴィリニュス市庁舎・wikipedia-photo]

[市庁舎としての建物は1432年に建てられた。当時の市庁舎広場は塩や肉などを売る屋台がならぶマーケット広場で、価格や流通品の管理も市庁舎の重要な業務だった。また建物内には裁判所や独房もあり、まさに街の中心的役割を担っていた。17~18世紀半ばには大きな時計塔があったらしいが倒壊。台座部分はしばらく残っていたがそれも取り壊され、1799年に現在のデザインに改修された。現在は1階に観光案内所と市民ギャラリー、レストラン、2階にはホール、会議室などがあり、ミニコンサートなどを開催している。近年ではブッシュ元大統領やエリザベス女王も訪れている。  (「27日・旧市街の教会巡り4 : リトアニア首都ヴィリニュスで妄想」より)]

カメラ南南西方向が市庁舎で、カメラ北北東方向が市庁舎広場です。

カメラ南南西方向が市庁舎です。

市庁舎階段室二階ホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*