国立ユダヤ博物館

マーカーは国立ユダヤ博物館です。

国立ユダヤ博物館
[KGBビルの裏側にある木造2階建ての建物です。地元で「グリーンハウス」と呼ばれるこの施設には、ナチス・ドイツによって強制連行されたり、強制収容所送りにされたりしたユダヤリトアニアへの迫害の歴史を資料が展示されています。また、リトアニアで「センポ」の愛称で親しまれている当時日本のリトアニア領事、杉原千畝氏に関連した資料も一緒に展示紹介されています。建物の外にも杉原千畝記念碑が立てられています。  (「ドイツ・マールブルク日記 – リトアニア(3) - ヴィリニュス旧市街の見どころ」より)]

[リトアニアにおけるホロコーストは、ナチス・ドイツ占領下のリトアニア(1941年 – 1944年)で起きたホロコースト(ユダヤ人虐殺)のこと。およそ20万8000人から21万人いたリトアニア・ユダヤ人のうち19万5000人から19万6000人が犠牲となり、そのほとんどが1941年6月から12月のあいだに殺害された。またリトアニア・ユダヤ人以外にも、ヴィリニュスに住むポーランド・ユダヤ人やポーランド(1939年にナチス・ドイツが占領)から亡命してきた者、あるいは西欧諸国からリトアニアに移送されたユダヤ人も犠牲となり、合わせて数万人が殺害された。なお、犠牲者にはユダヤ人以外の者も含まれる。短期間にこれほど多くの命が失われた例はリトアニア史上ほかにないとも指摘される。ホロコーストはドイツ本国だけでなく、ドイツが占領したポーランドなどの東欧諸国のほかソビエト西部などでも起きており、リトアニアもそこに含まれる。迫害はドイツがリトアニアを占領してから数週間以内に実行された。リトアニアはナチス・ドイツに占領される前の年にソヴィエト政権に併合されていたが、ナチス・ドイツはこうしたソヴィエト併合の原因はユダヤ人のせいであったとして彼らを非難し、リトアニア人の反ユダヤ主義を煽り立てていった。また、ナチス占領政権がユダヤ人虐殺を計画、準備、実行するにあたりリトアニア人を利用していた点も、ホロコーストを理解する上で重要な要素のひとつである。  (wikipedia・リトアニアにおけるホロコーストより)]

[杉原千畝が好きだったピアノソナタ月光」をモチーフにしたヴィリニュスの記念モニュメント(作・北川晶邦)が博物館前庭にある。]

カメラ南西方向・小路先に国立ユダヤ博物館があります。

カメラ南西方向が国立ユダヤ博物館です。

国立ユダヤ博物館内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*