聖キャサリン教会

マーカーは聖キャサリン教会です。

聖キャサリン教会(St Catherine’s Church ,Sv Kotrynos Baznycia)
[聖カトリーヌ教会は、リトアニアが独立を回復した後、広範囲に復元された最初の教会です。教会の内部改修は複雑で困難な復旧作業になり、実質的に全面改装され、教会の中央祭壇は完全に改装されました。2006年にヴィリニュス市の自治体は、聖キャサリン教会の管理権を譲渡。
聖キャサリン教会の中央の身廊は、コンサートのために理想的な構造になっていて、音響効果に優れ、セント・クリストファー室内管弦楽団、ヤング・ミュージック合唱団、少年や若い人々の合唱(Little Oak)他の芸術集団やパフォーマーのコンサートやリハーサルのための文化的なイベントの会場として使用されています。]

[17世紀前半に建てられた後期バロック建築の教会で、2度の大火で消失しているが、そのつど再建されている。ナポレオン占領時には倉庫や診療所として使用され、第二次世界大戦中には深刻なダメージをうける。さらにロシア帝国統治時代には博物館の一部として利用されるなど、時代に翻弄され続けてきた。1990年に教会としての地位が復活すると、1994年から2006年まで修復工事が行われた。現在はビリニュス市立文化センターとしての役割も担い、音楽演奏会などの文化事業を推進している。  (「27日・旧市街の教会巡り1 : リトアニア首都ヴィリニュスで妄想」より)]

カメラ北北東方向が聖キャサリン教会です。

聖キャサリン教会正面広場の360citiesです。

聖キャサリン教会内のイベント開催中(映画撮影”オーク”賞)の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*