聖ニコラス正教会

マーカーは聖ニコラス正教会です。

聖ニコラス正教会
[聖ニコラス教会は、リトアニアヴィリニュスで最も古い正教会のひとつです。一般的な伝説によると、1340年現在の聖ニコラス教会の場所を中心とする位置に最初の木製正教会の礼拝堂が構築されました。その7年後、ヴィリニュス殉教者(Anthony, John, and Eustathios)はおそらくそこに埋葬された。しかし、1350年に、王子アルギルダスの第二の妻・ユリヤニヤ・トヴェリスカヤ(Uliana_of_Tver)は、新しいレンガの教会を構築するために命じた。
1514年にこの教会は再び大きなものに置き換えられました。それは、1609年の正教会まで残存する。この年、ヴィリニュスの正教会のほとんどがそうであるように、教会はポーランド・リトアニア共和国の国王ジグムント3世の個人的な考えで、ユリヤニヤ・トヴェリスカヤにささげられた。1740年頃教会は完全に焼失し、バロック建築で再建された。
ポーランド・リトアニア共和国は、プロイセン王国ロシア帝国オーストリア大公国の三列強により3度にわたって分割される。特に、1795年の第3次分割で、ヴィリニュスはロシア帝国に編入され、ヴィリニュスにはヴィルナ・グベールニヤの庁舎が置かれた。
1839年にロシアの地方政府(グベールニヤ)が東方帰一教会を閉じ、正教会に戻し、建物を与えた。1863年のポーランド1月蜂起が失敗した後、教会はMikhail Nikolayevich Muravyov-Vilensky・ヴィリニュスの地方政府知事の完全に個人的なイニシアチブによりネオ・ビザンティン建築で再建されました。再建された教会は、ロシアのヴィリニュス支配の別の徴候で、その結果ヴィリニュスの旧市街に五つの正教会が開設された。Muravievはポーランド1月蜂起に対する彼の勝利を記念し聖ミカエル礼拝堂の建設を命じた。1866年に教会が神聖宣言された。教会の再建における知事の役割は教会の西側の壁に大理石の石碑に記載されている。
第二次世界大戦後は教会が閉鎖されたが、1947年にスターリン政権は教区教会としてそれを再開することで合意した。建物の一般的な改築は1956年以前に行われた。]

カメラ東方向が聖ニコラス正教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*