ヴロツワフ中央駅

マーカーはヴロツワフ中央駅です。

ヴロツワフ中央駅
[列車到着するのは古きよき時代のヨーロッパを思わせるヴロツワフ中央駅。堅牢な城壁に囲まれたような印象を受けるヴロツワフ駅の構内は映画にも度々登場するだけあって実に見事。ここの第3ホームには、出発する電車に飛び移るシーンの撮影中に亡くなったポーランドの名優ズビグニェフ・ツィブルスキを偲んで建てられた記念碑があります。  (「ヴロツワフ ― コスモポリタニズム薫る水の都 – ポーランド 政府」より)]

[ヴロツワフ中央駅は旧市街から歩いて15分ほどの距離。
ワルシャワ中央駅または隣のZachodnai駅から1時間に1本ずつほどでています。所要時間は電車によって違いますが早くて5時間~7時間半など物によります。見たところ大体片道65ズウォティ(zł)~で行けそうです。  (「Mazourka-Iris : ワルシャワからヴロツワフへの行き方」より)]

[ワルシャワ中央駅 、地上2階建の駅舎は内部が大きな吹き抜けになっています、ホームはすべて地下にあります。ワルシャワから1日10便、所要時間5時間15分から6時間
40分。料金 – 2等105zł、1等140zł。通路と個室(コンパートメント)に分かれています。1等車は6人乗りで、2等車は8人乗りです。
ヴロツワフ 中央駅下車です。古きよき時代のヨーロッパを思わせる中央駅です。良く映画の撮影にも来るという駅です。 (「ヴロツワフ市内観光 – FC2Web」より)]

カメラ南南西方向がヴロツワフ中央駅です。

ヴロツワフ中央駅エントランスのストリートビューです。

ヴロツワフ中央駅コンコースのストリートビューです。

ヴロツワフ中央駅コンコースのストリートビューです。

ヴロツワフ中央駅プラットホームのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*