ヴロツワフ中央駅

マーカーはヴロツワフ中央駅です。

ヴロツワフ中央駅(Wrocław Główny railway station)
[ヴロツワフ中央駅はポーランド南西部のヴロツワフ市で最大かつ最も重要な旅客駅です。19世紀半ばに市内中心部近くに建てられ、1945年までブレスラウ・ハウプトバーンホフ(「ブレスラウ中央駅(Breslau Main station)」)として知られていました。また、いくつかの重要なルートの合流点に位置する、下部シレジア地方の最大の鉄道駅でもあります。
正門は駅の北側のピウスツキ通り(Piłsudski street・ポーランド語:ulicaPiłsudskiego)にあり、メインホールの両端に2つの入口があります。裏門は線路の向こう側、南のスーチャ通りに面しています。ステーションには6つの並列プラットフォームがあります(プラットフォーム I から IV に各 2 トラック、プラットフォーム V に1トラック、プラットフォーム 1 に 1 つ、プラットフォーム VI に 1 トラック)。
それぞれにメインホールに通じる2つの地下道の出口があります。 すべてのプラットフォームと線路が通りのレベルの上にあるため、地下道は屋外の舗装と同じレベルに配置されます。
歴史
駅は1855年から1857年に建設されました。オーバーシュライシッシェ・アイゼンバーン(Oberschlesische Eisenbahn・シレジアの上部鉄道)の出発点として、またヴロツワフからポズナンを経由してグウォグフまでの路線です。それは、オーバーシュレジッシャー・バーンホフ(Oberschlesischer Bahnhof ・1841-1842年に建てられたアッパーシレジア鉄道駅(Upper Silesian Railway Station))の初期の複合施設を置き換えました。その設計者はプロイセンの高貴な建築家ウィルヘルム・グラポウ(Wilhelm Grapow)で、19世紀半ばには、南部の地域はまだ都市化されていなかったため、市の南郊外にありました。
元のコンコースは現在旅客ホールがある場所にあり、駅構内に隣接していました。19世紀半ばに建設が完了したとき、駅には1つのプラットフォームしかありませんでしたが、プラットフォームホールは長さ約200メートルで、ヨーロッパでこの種の最大の構造の1つと見なされていました。入り口付近には荷物ロッカー、電話、電信設備がありました。 駅構内にはレストランと3つの待合室(第1、第2、第3クラス)がありました。特別な部屋とVIPのための別の廊下もありました。
19世紀後半、ドイツ帝国政府が鉄道建設に多額の投資を行ったとき、駅は拡張されました。市が南向きに発展し始めたため、駅周辺の不動産価格は上昇しました。1899年に5つの新しいプラットフォームの建設が始まり、そのうち4つは大きな屋根で覆われました。 駅内の乗客プラットフォームの数は13に増加し、すべてが高架となりました。メインホールのファサードは1899〜1904年に改装されました。
第二次世界大戦中、1943年4月23日、ザグラリングループ(Zagra-Lin)のポーランドの抵抗が駅のナチス・ドイツ軍輸送機を攻撃しました。彼らの行動を称える記念プレートは、ナチス・ドイツが敗北し、ヴロツワフがシレジアとともにポーランドに編入され、ドイツの人々が追放された後に置かれた。 戦後、ブレスラウセントラル(Breslau Hauptbahnhof)はヴロツワフセントラル(WrocławGłówny)に改名されました。
1967年1月8日、ポーランドで人気の俳優ズビグニェフ・ツィブルスキが3番プラットフォームで、走りだした列車に飛び乗ろうとし失敗し、事故死しました。この事故の30周年で、映画監督アンジェイ・ワイダはプラットフォーム上にズビグニェフ・ツィブルスキを記念して記念碑を設置しました。
2010-2012年に、駅はUEFA EURO 2012のために広範囲に改装されました。
駅を起点とする地方線と都市線
●ヴロツワフ中央- ビトム(132)
●ヴロツワフ中央- KlodzkoMiędzylesieLetohrad
●ヴロツワフ中央- レグニツァ、ヴグリニェツ(Węgliniec)
●ヴロツワフ中央- Oleśnica
●ヴロツワフ中央- オポーレ(132)
●ヴロツワフ中央- ポズナン
●ヴロツワフ中央-Ścinawa
●ヴロツワフ中央- WazybrzychJeleniaGóraSzklarskaPoręba
●ヴロツワフ中央- Jedlina Zdrój
●ヴロツワフ中央- ŚwidnicaDzierżoniów
●ヴロツワフ中央- Wrocław Wojnów
駅前広場・wikipedia-photo、駅正面玄関・wikipedia-photo、駅正面玄関黄昏時・wikipedia-photo、駅コンコース・wikipedia-photo、駅構内・wikipedia-photo]

[列車到着するのは古きよき時代のヨーロッパを思わせるヴロツワフ中央駅。堅牢な城壁に囲まれたような印象を受けるヴロツワフ駅の構内は映画にも度々登場するだけあって実に見事。ここの第3ホームには、出発する電車に飛び移るシーンの撮影中に亡くなったポーランドの名優ズビグニェフ・ツィブルスキを偲んで建てられた記念碑があります。  (「ヴロツワフ ― コスモポリタニズム薫る水の都 – ポーランド 政府」より)]

[ヴロツワフ中央駅は旧市街から歩いて15分ほどの距離。
ワルシャワ中央駅または隣のZachodnai駅から1時間に1本ずつほどでています。所要時間は電車によって違いますが早くて5時間~7時間半など物によります。見たところ大体片道65ズウォティ(zł)~で行けそうです。  (「Mazourka-Iris : ワルシャワからヴロツワフへの行き方」より)]

[ワルシャワから1日10便、所要時間5時間15分から6時間
40分。料金 – 2等105zł、1等140zł。通路と個室(コンパートメント)に分かれています。1等車は6人乗りで、2等車は8人乗りです。
ヴロツワフ 中央駅下車です。古きよき時代のヨーロッパを思わせる中央駅です。良く映画の撮影にも来るという駅です。 (「ヴロツワフ市内観光 – FC2Web」より)]

ヴロツワフ中央駅ウェブサイト

Wrocław Main Railway Station – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がヴロツワフ中央駅です。

ヴロツワフ中央駅エントランスのストリートビューです。

ヴロツワフ中央駅コンコースのストリートビューです。

ヴロツワフ中央駅コンコースのストリートビューです。

ヴロツワフ中央駅プラットホームのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*