国立博物館

マーカーは国立博物館です。

国立博物館
[ヴロツワフにはまた、多くの博物館があります。最も重要なのが、国立博物館で、ヤン・マテイコ(Jan Matejko)やヤチェク・マルチエフスキ(JacekMalczewski)、スタニスワフ・イグナツィ(Stanisław Ignacyビトキェビッチ(Witkiewicz )などの傑出したポーランド画家の絵画を所蔵しています。  (「ヴロツワフ-2016年のヨーロッパの文化首都位置 – European ..」より)]

[ヘンリク4世プロブス(ポーランド語:Henryk IV Probus/Prawy;ドイツ語:Heinrich IV der Gerechte、1258年頃 – 1290年6月23日)は、低地シロンスクのヴロツワフ公(在位:1266年 – 1290年)、及びクラクフ長子領)を有するポーランド大公(在位:1288年 – 1290年)。ポーランド大公ヘンリク2世の次男ヘンリク3世の一人息子で、母はやはり大公を兼ねたマゾフシェコンラト1世の娘ユディタ。高潔公(Probus/Prawy、有徳公とも)の異称で呼ばれる。
第二次世界大戦中、ドイツの人類学者達はヘンリク4世の「ドイツ的な容貌」を証明しようとした。彼の遺骨は動かされ、検査にかけられた。しかし不運にも、ヘンリク4世の遺骨は戦争中に失われた。空になった石棺は、現在ヴロツワフの国立博物館にある。  (wikipedia・ヘンリク4世より)]

[パノラマ館(ラツワヴィツェの展望美術館)の入場券は、ここから歩いて7~8分のところにある国立博物館にも1週間以内有効になっている。パノラマ館を訪れた後、国立博物館にも入ってみた。ゆったりした空間に展示物が並べられており、落ちついた雰囲気の中で鑑賞することができた。  (「町:ブロツワフ(ポーランド)」より)]

カメラ北北東方向が国立博物館です。

国立博物館展示室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*