聖十字架教会

マーカーは聖十字架教会です。

聖十字架教会(Kolegiata pw Świętego Krzyża i Świętego Bartłomieja)
[聖十字架教会は、1287年秋に終了したヴロツワフ司教トーマス2世(Tomasz II Zaremba)とヘンリー4世プロバス(Henryk IV Prawy)王子の長きにわたる政治的および教会的論争の終結後、奉納品としてヘンリー4世プロバスによって設立されました。和解の兆候として、両者は教会への資金提供を決定しました。1288年1月11日、ヘンリー4世プロバスは建立文書を発行しました。しかし、1290年にヘンリー4世プロバスが突然亡くなり、教会建設は中段しました。 1292年、トマス司教も亡くなりました。
建物の設計者は、おそらくヘンリーの宮廷建築家、ウィランド(Wiland)として言及されています。
最初に、内陣が設立され(1288–1295)、一方身廊と翼廊は、ナンキエ(Nankiera)司教によって資金提供され1320–1350年に建設されました。
1503〜1538年、ニコラウス・コペルニクスは聖十字架教会の聖堂参事会(Cathedral chapter)に所属していました。
1810年、教会は聖堂参事会を解散し、19世紀に教会はゴシック建築に変換され、中でも、壁とアーチ型のボールトは白塗りになりました。
第二次世界大戦中に、屋根の一部と上階のアーチが破壊され、下の教会のアーチの1つが崩壊しましたが、1946〜1950年と1956〜1957年に再建されました。
1956年まで、下の教会はヴロツワフのドイツ人によって使用され、その後1997年までギリシャのカトリック教区によって使用されました。
1999年に、聖堂参事会(Cathedral chapter)が再開されました。
非常に高く、2階建てのレンガ造りのホール教会は、シレジア (Śląsk)では珍しい2階建ての内部レイアウトを持っています。教会は長さ66 m、幅44 m、身廊の高さは19 mです。ホールと袖廊の間の角にある2つの塔(南側のみ、高い方は完全に完成し、尖塔で仕上げられ、高さ69 m)は銅板で覆われています。塔は1484年頃建てられました。
教会前にはネポムクのヨハネの記念碑(Pomnik św. Jana Nepomucena na Ostrowie Tumskim)があります。
聖十字架教会鳥瞰写真・wikipedia-photo、聖十字架教会南西方向から・wikipedia-photo、ネポムクのヨハネの記念碑・wikipedia-photo、メインの身廊と祭壇・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo、上部教会の内部 ・wikipedia-photo]

Collegiate Church of the Holy Cross and St. Bartholomew – Google Map 画像リンク

聖十字架教会鳥瞰カメラです。

カメラ北東方向が聖十字架教会です。

聖十字架教会身廊のカメラです。

聖十字架教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*