聖女マグダラのマリア教会

マーカーは聖女マグダラのマリア教会です。

聖女マグダラのマリア教会(Kościół św. Marii Magdaleny)
[1150年から1175年に完成したこの教会の門はロマネスク様式の時代のものであり、その芸術的価値の高さはヨーロッパ屈指のものとされています。砂岩でできた8つの柱に支えられた湾曲部には聖母マリアとイエス・キリストの生涯が描かれています。もともとは近くのオウビンOłbinという町にあったものですが、1529年にヴロツワフに移設されました。  (「懐古的ポーランドの旅|メトロガイド」より)]

[この場所の最初の教会は11世紀の終わりに建てられました。 教会は、ヴロツワフ司教ワルジニエツ(Wawrzyniec (biskup wrocławski))によってドミニコ会に引き渡された後、教区に昇格しました。いくつかの情報源によると、古い教会ではなく、聖ロマネスク様式の教会は1232年に完成しましたが、1241年のモンゴルのポーランド侵攻中に破壊されました。その後ロマネスク様式とゴシック様式の移行様式の教会が、1242-1248年に建てられました。1342年5月8日の火事の後、1342〜1362年に建てられ、塔の高層階を越えて現代的な形を獲得した、多くの古い破片を使用して、新しく、より大きく、後期ゴシック教会を建てることになりました。
袖廊のない大聖堂教会には、6スパンの身廊回廊のないまっすぐな中庭があります。2階建ての聖具室は北からクワイヤに隣接しています。教会の全長は62.8 mで、幅は、身廊の壁の高さでの幅22.9 m、側面の幅9.4 mで、合計で32.1 mです。
塔は15世紀に完成しました。 1459年に最後の階の高さでそれらをつなぐ魔女の「橋」(Penitents ‘Bridge)が初めて言及され、1481年に鉛シートで覆われた覆い屋根が完成しました。すでに1358年9月1日に最初の鐘が吊り下げられ、1386年から南の塔にマイケルワイルド(Michaela Wildego)が鋳造した罪人の鐘がありました。これは周囲6.30 mの最大のシレジア(Śląsk)鐘です。高さは1.80 mで、スイングに37秒かかり、最大の休日に使用されました。
第二次世界大戦の最後の日、教会は火事で塔の覆い屋根と身廊の屋根を失いましたが、壁は比較的良好な状態で残りました。1945年5月17日に、爆発(おそらく地雷)により南タワーが引き裂かれました-その北半分は崩壊し、塔、切妻の壁、教会のメインポータル(西)と貴重な彫刻の橋も破壊され、ヴォールトと歴史的な鐘も破壊されました。ロマネスク様式のオウビンスキーポータルは損傷なしで生き残った。
1948年まで、福音的な奉仕が聖具室で行われました。
教会は1947年に南の塔を再建することで仮に確保されました(現在でも垂直方向の亀裂は認識されています)。1960〜1970年に完全な再建が行われ、1972年5月27日にポーランドのカトリック教徒に引き渡されました。1960-1963年に行われた修復作業中に、教会の南東部で、12世紀後期から13世紀初期の古い寺院の断片が発見されました。
内部には、1579〜1581年のルネッサンス時代の説教壇が保存されています。 20世紀と21世紀の変わり目に、屋根が修復され、伝統的な色のタイル(赤緑の市松模様)が復元され、橋が再建されました。ルネッサンス様式の覆い屋根の再建が計画されています。

聖女マグダラのマリア教会天井図

聖女マグダラのマリア教会通りからの眺め・wikipedia-photo、塔の改修中の大聖堂(2014)・wikipedia-photo、ロマネスク様式のオウビンスキーポータル・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo、ルネッサンス説教壇・wikipedia-photo]

St. Mary Magdalene Church – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が聖女マグダラのマリア教会です。

カメラ南方向が聖女マグダラのマリア教会です。

聖女マグダラのマリア教会での結婚式のカメラです。

聖女マグダラのマリア教会身廊のカメラで、カメラ北西方向にルネッサンス説教壇があります。

聖女マグダラのマリア教会祭壇前のカメラです。

聖女マグダラのマリア教会塔間の復元された橋のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*