シェーンブルン宮殿グロリエッテ

マーカーはシェーンブルン宮殿グロリエッテです。

シェーンブルン宮殿グロリエッテ(日本語:グロリエッテ (ウィーン)、英語:Gloriette、ドイツ語:Gloriette (Wien))
[シェーンブルン庭園の丘の上のグロリエッテには、カフェが営業しています。コーヒーやケーキと美しいウィーンの眺望をお楽しみいただけます。日曜のブランチは、クラシックからジャズまで、ライブ音楽つきです。
グロリエッテは初期歴史主義のコロネード(列柱回廊)として、1775年に建造されました。
凱旋門を思わせる中央部は、マリア・テレジア女帝が世を去る前、ガラス張りとなりました。上部には、帝国を象徴する巨大な鷲が、地球の上に立って翼を広げています。両翼の階段部分には、豪華なトロフィーが配されています。また欄干を取り付けた平らな屋根は、すでに19世紀から展望台として利用されていました。  (「グロリエッテ – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

シェーンブルン宮殿庭園図

宮殿敷地内(地図の下が北)
1・馬車博物館、2・3が宮殿、4・温室、5・皇太子の庭園、6・庭園、7・ネプチューンの泉、8・グロリエッテ、9・オーベリスクブルネン、10・Engelsbrunnen、11・Rhea Kybele Statue、12・Roman Ruin、13・Westlicher Najadenbrunnen (Sternbassin)、15・迷路庭園、16・エストリッヒャー・ナヤーデンブルネン、17・ローザリウム、18・パルメンハウス、19・砂漠館、22・動物園、26・Small Gloriette

グロリエッテ – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がシェーンブルン宮殿グロリエッテです。

カメラ南南西方向がシェーンブルン宮殿グロリエッテです。

コロネード(列柱回廊)のカメラです。

コロネード(列柱回廊)の360citiesです。

展望台のカメラです。