シェーンブルン宮殿パルメンハウス

マーカーはシェーンブルン宮殿パルメンハウスです。

シェーンブルン宮殿パルメンハウス(英語:Palmenhaus Schönbrunn、ドイツ語:Palmenhaus (Wien-Schönbrunn))
[シェーンブルン宮殿の庭園に立つパルメンハウスはヨーロッパ大陸で最大規模の温室です。地中海や熱帯、亜熱帯の植物が数多く収集されています。
パルメンハウスは1882年、皇帝フランツ・ヨーゼフの命によりフランツ・ゼーゲンシュミッドによる設計で建てられました。全長111メートル、建築面積2500平方メートル、ガラス屋根延べ4900平方メートル、ヨーロッパ大陸では最大規模のパルメンハウス(温室)です。45000枚のガラス板が使用されています。
パルメンハウスは3つのパヴィリオン、すなわち3つの気候帯に分かれており、これらは通路を通じて自由に行き来できます。一番高い屋根のホールには地中海地方やカナリア諸島、南アフリカ、オーストラリアの植物、北側のホールには中国、日本、ヒマラヤ地帯、ニュージーランドの植物、そして3つ目のホールには熱帯、亜熱帯地方の植物が植えられています。なかでも有名なのは高さ約23メートルのヤシの木、春から夏にかけて開花する世界最大のハス(葉の直径1.2メートル)です。パルメンハウスの室温は8〜17度に保たれています。  (「シェーンブルン宮殿のパルメンハウス – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

シェーンブルン宮殿庭園図

宮殿敷地内(地図の下が北)
1・馬車博物館、2・3が宮殿、4・温室、5・皇太子の庭園、6・庭園、7・ネプチューンの泉、8・グロリエッテ、9・オーベリスクブルネン、10・Engelsbrunnen、11・Rhea Kybele Statue、12・Roman Ruin、13・Westlicher Najadenbrunnen (Sternbassin)、15・迷路庭園、16・エストリッヒャー・ナヤーデンブルネン、17・ローザリウム、18・パルメンハウス、19・砂漠館、22・動物園、26・Small Gloriette

パルメンハウス – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がシェーンブルン宮殿パルメンハウスです。

カメラ南東方向がシェーンブルン宮殿パルメンハウスです。

シェーンブルン宮殿パルメンハウス内のカメラです。