ベルヴェデーレ宮殿上宮(オーストリア・ギャラリー)

マーカーはベルヴェデーレ宮殿上宮です。

[Google アートプロジェクト] – 「オーストリア絵画館

ベルヴェデーレ宮殿(英語:Belvedere, Vienna、ドイツ語:Schloss Belvedere)
(日本語:オーストリア・ギャラリー、ドイツ語:Österreichische Galerie Belvedere)
[ベルヴェデーレ宮殿(独:Schloss Belvedere)とは、オーストリアウィーンにあるバロック建築の宮殿。
もともとハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲンが、当時の代表的な建築家であるヨーハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラント(Johann Lukas von Hildebrandt)に、夏の離宮として造らせたものである。1714から1716年にかけて下宮(Unteres Belvedere)、1720から1723年にかけて上宮(Oberes Belvedere)が建設された。プリンツ・オイゲンの死後1752年に、ハプスブルク家のマリア・テレジアに売却された。現在はオーストリア絵画館になっている。オーストリアで2番目に大きな美術館である。
オーストリアの20セントユーロ硬貨の裏面には、門越しに見た宮殿が彫られている。また、この宮殿の構内に作曲家ブルックナーが晩年を過ごした邸宅がある。
ベルヴェデーレ宮殿・wikipedia-photo、ベルヴェデーレ下宮・wikipedia-photo  (wikipedia・ベルヴェデーレ宮殿より)]

ベルヴェデーレ宮殿上宮一階平面図(「ベルヴェデーレ宮殿 攻略編 – 上宮の回り方、館内地図、展示作品、行き方など」より。)

ベルヴェデーレ宮殿の行き方と上宮美術館の押さえておくべき見どころ

ベルヴェデーレ宮殿 – Google Map 画像リンク」「Katholische Kapelle Schlosskapelle Oberes Belvedere – Google Map 画像リンク

ベルヴェデーレ宮殿南ゲート前のストリートビューです。

カメラ北方向がベルヴェデーレ宮殿です。

ベルヴェデーレ宮殿入口ホールのカメラです。

ベルヴェデーレ宮殿階段ホールのカメラです。

ベルヴェデーレ宮殿一階大理石の間のカメラです。

ベルヴェデーレ宮殿庭園側のカメラです。

初期設定方向、ジャック=ルイ・ダヴィッド作『Napoleon at the Great St. Bernard』(1801年)。右壁中央フランソワ・ジェラール作『Duke Moritz Christian Fries and his family』(1804年頃)

カテゴリー:オーストリア・ギャラリー・ベルヴェデーレのヴィンセント・ヴァン・ゴッホの絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ作『オーヴェル近くの麦畑(The Plain of Auvers)』(1890年6月〜1890年7月)
(オーストリア・ギャラリー・ベルヴェデーレのヴィンセント・ヴァン・ゴッホの絵画)

[1890年5月20日、ファン・ゴッホはパリから北西へ30キロ余り離れたオーヴェル=シュル=オワーズの農村に着き、ポール・ガシェ医師を訪れた。ガシェ医師について、ファン・ゴッホは「非常に神経質で、とても変わった人」だが、「体格の面でも、精神的な面でも、僕にとても似ているので、まるで新しい兄弟みたいな感じがして、まさに友人を見出した思いだ」と妹ヴィルに書いている。ファン・ゴッホは村役場広場のラヴー旅館に滞在することにした。
ファン・ゴッホは、古い草葺屋根の家々、セイヨウトチノキ(マロニエ)の花を描いた。またガシェ医師の家を訪れて絵画や文学の話をしつつ、その庭、家族、ガシェの肖像などを描いた。6月初めには、さらに『オーヴェルの教会』を描いた。テオには、都会ではヨーの乳の出も悪く子供の健康に良くないからと、家族で田舎に来るよう訴え、オーヴェルの素晴らしさを強調する手紙をしきりに送った。最初は日曜日にでもと言っていたが、1か月の休養が必要だろうと言い出し、さらには何年も一緒に生活したいと、ファン・ゴッホの要望は膨らんだ。そして6月8日の日曜日、パリからテオとヨーが息子を連れてオーヴェルを訪れ、ファン・ゴッホとガシェの一家と昼食をとったり散歩をしたりした。ファン・ゴッホは2日後「日曜日はとても楽しい思い出を残してくれた。……また近いうちに戻ってこなくてはいけない。」と書いている。6月末から50cm×100cmの長いキャンバスを使うようになり、これを縦に使ってピアノを弾くガシェの娘マルグリットを描いた。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホ#オーヴェル=シュル=オワーズ(1890年5月-7月)より)]

グスタフ・クリムト作『ユディトI(Judith and the Head of Holofernes)』(1901年)

グスタフ・クリムト作『Adam and Eve

グスタフ・クリムト作『接吻』(1908年)

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー作『On Corpus Christi』(1857年)

フリードリヒ・フォン・アマーリング作『Rudolf von Arthaber and his children Rudolf, Emilie and Gustav』(1837年)

ウジェーヌ・ドラクロワ作『Still life with Flowers』(1834年)

ピエール=オーギュスト・ルノワール作『After the Bath』(1876年)