リヒテンシュタイン美術館

マーカーはリヒテンシュタイン美術館です。

リヒテンシュタイン美術館(ドイツ語:Palais Liechtenstein (Fürstengasse))
[現在、リヒテンシュタイン美術館は完全予約制になっており、最低14日前までにインターネットでのプライベート・ガイドツアーの予約(https://www.palaisliechtenstein.com/en/home.html)が必要なっています。
プライベートのアートコレクションとしては世界有数の大きさとクオリティを誇るリヒテンシュタイン美術館は、ウィーン中心部に位置するシティパレスとそこからすこし離れたところに位置するガーデンパレスからなります。現在では一般的な美術館としてではなく、アメリカや日本などの海外での大々的な巡回展や結婚式などの小さなイベントまで多岐にわたる活動をしています。事前予約で参加することのできるガイドツアーでは、リヒテンシュタイン公の400年にわたる豪華なコレクション、魅力的な芸術への洞察を垣間みることができます。  (「リヒテンシュタイン美術館|世界の美術館データベース|MMM – Artscape」より)]

ガルテンパレー・リヒテンシュタイン – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がリヒテンシュタイン美術館です。

カメラ南南東方向がリヒテンシュタイン美術館です。

ヘリット・ベルクヘイデ作『シント・バフォ聖堂のあるハールレムの広場』(1665年)(wikipedia-photo)

ペーター・フェンディ作 『マウスの狩猟』(1834年頃)(wikipedia-photo)

フランツ・アイブル作『苺摘み』(1844年)(wikipedia-photo)

ヤン・ステーン作『太った台所』(1665年から1670年頃)(commons.wikimedia)

フランツ・ヴィンターハルター作『デカメロン』(1837年)(commons.wikimedia)