ワルシャワ歴史博物館

マーカーはワルシャワ歴史博物館です。

ワルシャワ歴史博物館(英語:Museum of Warsaw、ポーランド語:Muzeum Warszawy)
[小さな建物だが、内部の空間をむだなく利用しているため、見ごたえがある。何より驚くのは、やはり第2次世界大戦の被害に関する展示だ。公開されている写真に写る戦災によって破壊し尽くされた建物が、現在見られるような町並みに復興したのかと思うと、感動せずにはいられない。日曜以外には20分ほどの記録映画が上映される。  (「ワルシャワ歴史博物館/ワルシャワの評判 | 地球の歩き方[旅スケ]」より)]

[旧市街を少し歩いた後、ワルシャワ歴史博物館を見学し、爆撃で破壊された街並みの写真を見てあ然とした。博物館の窓から見える旧市街市場広場と戦後に撮られた旧市街市場広場の写真を見比べ、よくここまで復元したものだと感心する。作業にあたっては、レンガ1つ狂わせず、壁の割れ目まで再現したという。  (「ポーランド (ワルシャワ)」より)]

ワルシャワ歴史博物館 1 階平面図(「Muzeum Warszawy OdNowa – Architektura-murator」より)

地上階の平面図。 マーキング: 1 – レジ。 2 – ロビー。 3 – カフェ。 4 – 買い物。 5 – 映画館。 6 – レセプション。 7 – クローク。 8 – 展示品の開梱。 9 – お土産のキャビネット。 10 – ポストカードルーム。 11 – ワルシャワの人魚のオフィス。 12 – ワルシャワの記念碑のキャビネット。 13 – 建築詳細のキャビネット(建設中)。 14 – ワルシャワの計画と地図のキャビネット(建設中)。 15 – ラピダリウム
ワルシャワ歴史博物館 2 階平面図

2階の平面図。 マーキング: 1 – オフィスルーム。 2 – 会議室。 3 – ソーシャルルーム。 4 – オフィス倉庫。 5 – 参照ファイル用の保管室。 6 – ワルシャワの銀製品と銀製品のキャビネット。 7 – ヴォイチェフ・ファンゴールのオフィス。 8 – ポートレートルーム。 9 – ドレスルーム(建設中)。 10 – メダルルーム (建設中)。 11 – ワルシャワの青銅器のキャビネット (建設中)

ポーランドのワルシャワへ その3 ワルシャワ歴史博物館へ。

ワルシャワ歴史博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がワルシャワ歴史博物館です。入口は左端の建物になります。

ワルシャワ歴史博物館展示スペースのカメラです。

ワルシャワ歴史博物館のストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*