Google アートプロジェクト

Google アートプロジェクトは、Googleの「20パーセント・タイム政策」によって誕生した。美術館の作品を、Googleの技術を用いて観覧できるサイトを作成しようと、従業員のチームが作成した。その後、2009年に、Googleがプロジェクトを支援することに同意した。  (wikipedia・Google_アートプロジェクトより)

アート プロジェクトは世界的に高く評価されている美術館とのユニークなコラボレーションで、芸術作品をオンラインで検索し、驚異的なディテールで鑑賞できるようにしたものです。250 を超える施設と協力し、6 千人以上のアーティストによる数万点の芸術作品をオンライン上に掲載しています。このため、有名な作品の超高解像度画像の撮影をはじめ、3 万点以上の画像を 1 か所に整理しました。さらに、ストリートビューの「室内」技術を利用し、各ギャラリーの建物に入って 360 度回転しながら見て回れるツアーもご用意しました。本プロジェクトはスタートしてから飛躍的な拡大を遂げました。当初 1 千点で始まったコレクションは急増し、現在では 4 万 5 千点以上の作品を高解像度でご覧いただけます。ストリートビュー画像は、今後も増える予定です。  (「アート プロジェクト – Cultural Institute – Google」より)]

Google アートプロジェクトホームページ」 – 「コレクション地図

「コレクション地図」に現在掲載されている施設の位置が表示されていますので、ズームして該当施設をクリックすると、施設の小画像が表示されますので、そこをクリックすると該当施設のページにジャンプします。そこには施設関連のストリートビューや画像、プログラム等がリンク表示されています。

下地図に「Google Earth で街並み散歩(ヨーロッパ編)」で取り上げたページで「Google アートプロジェクト」関連の施設を表示してみました。
右欄から施設名をクリックするか、下地図をズームして該当施設をクリックすると、「吹き出し」が表示され、そこに該当施設のページへのリンクが張られていますので、クリックして該当ページに飛ぶと、そのページの上段付近にその施設の「Google アートプロジェクト」へのリンクが表示されています。