久留島上口分水(上・下大崎村、北品川宿)跡ルート

スポンサーリンク

    江戸御場絵図を参考に久留島上口分水(上・下大崎村、北品川宿)跡と思われるルートをたどってみました。
    下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。また、吹き出しにもポイントのストリートビューへのリンクを設定しています。

    絵図上方向の水路が三田用水で、右上方向で分水しているのが久留島上口分水(上・下大崎村、北品川宿)です。分水下の久留嶋祥丸が森藩久留島家下屋敷で、分水路名になっているようです。また、下方向に描かれる松平上総介が岡山藩池田家下屋敷、松平政千代が仙台藩伊達家下屋敷です。現在森藩久留島家下屋敷の跡には畠山記念館、岡山藩池田家下屋敷跡には池田山公園、ねむの木の家、NTT東日本 関東病院、仙台藩伊達家下屋敷には清泉女子大学等があります。さらに、絵図には雉子宮宝塔寺が描かれ、絵図下右端目黒川に御成橋、その左中原街道(相州道)に相州橋(大崎橋)が描かれ、その下流に久留島上口二次分水の目黒川への落口が描かれています。

    国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」(上絵図は江戸御場絵図からの切り取りコピーです。江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。)

    東京府15区8郡時代の町村区分図」 – 「東京府下大崎町全図」(地図下中央右方向に白金猿町上に久留島上口分水(上・下大崎村、北品川宿)が描かれています。)

    スポンサーリンク