三田用水跡碑(銭瓶窪口分水跡)

スポンサーリンク

マーカーは三田用水跡碑です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。

三田用水跡碑
[かつてこの地を流れていた三田用水 は、寛文4年(1664)に中村八郎右衛門、磯野助六の両名が開いた三田上水を始めとしています。この上水は三田、芝、金杉方面の飲料水とするため、玉川上水 を下北沢で分水し、白金猿町までの2里ほどを流したものです。
享保7年(1722)8代将軍吉宗は、室鳩巣の上水が火事の原因になるという意見を採用し、三田上水を含め4上水を廃止しました。しかし、三田、上目黒、中目黒、下目黒の目黒4ヶ村をはじめ流域14ヶ村から農業用水として利用したいという願いが関東郡代に出され、享保9年(1724)に農業用の三田用水として再開されました。
以後、三田用水は豪農等で組織された用水組合により管理されました。農業の他に水路が淀橋台とよばれる台地上を通るので、大正末期まで台地の下に水車を設置した製粉・精米にもさかんにりようされました。また、明治末期からの目黒付近の工業化にともない恵比寿のビール工場の原料水や目黒火薬製造所(後の海軍技術研究所)の用水としても用いられました。
戦後は急激な都市化により水質も悪化し、わずかにビール工場の洗浄用水などとして細々と用いられていましたが、それも不要となり、昭和50年(1975)にその流れを止め、三百年にわたる歴史の幕を閉じました。
下の石は三田用水の木樋(もくひ)の下に設置された礎石(下図のとおり)です。
      平成9年3月    目黒区教育委員会  (「三田用水跡 – Monumento(モニュメント)」より)]

[白金御殿と白金上水
 三田用水白金分水は、もともとは、古川北岸の港区南麻布4丁目付近にあった「白金御殿(別名麻布御殿)」のために引かれた「白金上水」と呼ばれた上水路でした。白金御殿は1698年(元禄11年)、幕府の薬草園「麻布薬園」があった場所に五代将軍綱吉の別荘としてつくられました(薬園はのちに小石川に移転し、現在小石川植物園となっています)。このとき三田村字銭瓶窪(目黒区三田1-6付近)で三田上水から取水して白金上水がつくられました。上水はもともとあった小川の谷筋を利用して天現寺橋付近まで流れ、渋谷川を掛樋で越えていたと推定されています。しかし白金御殿はわずか4年後の1702年に家事で焼失し、これにともない白金上水も廃止されてしまいました。
 その後三田上水が1722年に廃止され、1724年(享保9年)農業・灌漑用水として復活した際に、白金上水もかんがい用の用水路「白金村分水」(白金村・今里村・三田村分水とも)として復活しました。分水は90センチ四方の分水口から取水され、谷筋を流れて流域の水田を潤し狸橋の下流側で古川に合流していました。流域の都市化により、水路は昭和初期に大部分が暗渠化されました。  (「東京の水 2005 Revisited 2015 Remaster Edition: 【5-3】三田用水白金分 …」より)]

6 荏原郡目黒村全図(明治44)」(地図をクリックすると拡大地図が表示されます。地図右端中央下付近・字水道向の上方向に三田用水から二筋の分水が描かれています。上の分水は白金御殿、明治に入り恵比寿ビール工場への銭瓶窪口(三田村・白金村・今里村)、下の分水は銭瓶窪口(上・下目黒村)と思われます。

カメラ東北東方向に三田用水跡碑があり、この碑付近が銭瓶窪口分水跡と思われます。

スポンサーリンク