上野凮月堂

マーカーは上野凮月堂です。

上野凮月堂
[凮月堂(ふうげつどう)は、日本全国に展開している複数の洋菓子・和菓子のメーカーが称する屋号である。江戸時代中期、小倉喜右衛門(後に改姓して大住喜右衛門)が江戸で開いた和菓子店を起源とする。明治時代以降、大住家からの暖簾分けが行われた結果、複数の会社がこの名を継承している。正式な表記は「凮月堂」(「風」の字の「几」中が「百」、凮:U+51EE)。
月堂の名前のついた店舗は全国に多数あるが、必ずしも創業家である大住家(凮月堂総本店)の承認を得たのれん分けとは限らず、関係のない店舗が凮月堂を名乗っている場合も多い。
初代の小倉喜右衛門(後に改姓して大住喜右衛門)が1747年に大阪より江戸に下り、1751年に江戸・京橋鈴木町に開いた「大坂屋」を起源とする。初代には子供がなく姪を養女に迎えこの養女「恂(じゅん)」が唐津藩水野忠光側室となり、後の老中水野忠邦を生む。やがて忠光が亡くなり、宿下がりとなった恂が夫として迎えたのが2代目喜右衛門である。2代目喜右衛門は義理の息子に当たる忠邦ら諸大名に気に入られ、松平定信から「風月堂清白」という5文字の屋号を賜った。このときから「大坂屋」は「凮月堂」となり、姓も小倉から「大坂屋」の「大」の字を継承して「大住」へと改姓した。2代目大住喜右衛門が「凮月堂総本店」を開業したのが京橋南伝馬町である。明治に入ると4代目喜右衛門が若くして亡くなったために、弟の5代目喜右衛門が凮月堂総本店を継承する。そして5代目喜右衛門は、亡くなった4代目喜右衛門の家に自分の三男を養子として入れ兄の家を復興させる。この養子として入ったのが大住省三郎である。大住省三郎が当初、大住分店として興したのが現在の上野凮月堂である。なお、凮月堂総本店は店主の夭折が続き、1956年に休業している。その結果、現在、初代大住喜右衛門の血統を受け継いでいるのは上野凮月堂のみとなった。
5代目喜右衛門は凮月堂当主として暖簾分けの制度を導入した。凮月堂総本店より最初に暖簾を分けられたのは、当時の番頭であった米津松造で、1872年(明治5年)に両国の若松町へ出店したのが「凮月堂米津本店」(現在の両国凮月堂)である。凮月堂米津本店からは凮月堂総本店の承認のもと、暖簾分けが多く行なわれた。この時暖簾分けされた店としては、神戸凮月堂、長野凮月堂、甲府凮月堂が現存している。
米津松造は銀座並木通りに西洋料理を出す店として「米津分店南鍋町凮月堂」を出店し、次男の恒次郎を店主としたが、恒次郎の異母弟であり養子の米津修二の代に経営権を失い、新たな経営者に譲渡されたのが現在の銀座凮月堂である。また戦後、米津修二が再度、銀座みゆき通りに「米津凮月堂」として新たな凮月堂を出店するが経営破たん、別会社へ経営を引き継ぎ、銀座中央通りで再度営業を開始した。これが現在の東京凮月堂である(高瀬物産も参照)。結果、現在の銀座凮月堂、東京凮月堂は創業時からの凮月堂一門とは別の流れの会社となっている。  (wikipedia・風月堂より)]

『江戸買物独案内』画像データベース(早稲田大学)の江戸買物獨案内 上・下巻・飲食之部(上巻 / 内容画像224・下画左ページ右)に風月堂が掲載されている。

上野凮月堂 本店本社売店 – 上野広小路/洋菓子(その他) [食べログ]

上野風月堂 本店 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が上野凮月堂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*