寛永寺敷地跡(上野動物園)

スポンサーリンク

マーカーは上野動物園表門です。

旧寛永寺関連へリンク
寛永寺・本堂(根本中堂)寛永寺(常憲院霊廟勅額門)寛永寺(厳有院霊廟勅額門)寛永寺・旧伽藍跡(本坊・根本中堂)東京国立博物館寒松院本覚院東叡山坂本口輪王寺(両大師堂)寒松院跡(藤堂家の墓所)旧寛永寺五重塔東京都美術館(寛永寺敷地跡)凌雲院跡(国立西洋美術館)東照宮上野大仏(大仏山パゴダ)旧上野寛永寺・時の鐘寛永寺子院11ヶ寺跡(上野駅)天海大僧正毛髪塔(旧本覚院跡)寛永寺(清水観音堂)不忍天神彰義隊の墓寛永寺・黒門跡

寛永寺敷地跡(上野動物園)
[1882(明治15)年、上野公園に博物館が開かれ、その付属施設として上野動物園は開園しました。この博物館は、ウィーンの万国博覧会(1873年)へ出品するために日本全国から集められた物産を、一般の人々の「開智」のために公開されたのがはじまりであったので、動物園に集められたものも日本産の動物が主体でした。さらにその所管が農商務省であったために、「勧業奨励」に力が入れられ、家畜が展示に加えられました。
 1886(明治19)年に宮内省所管となってからは、トラをはじめ外国産の珍しい動物が集められました。また、外国の王室からの贈物や、日清日露両戦役での戦利品などが宮内省に献上され、数多くの動物が展示されるようになりました。
1943(昭和18)年、上野動物園を所管していた東京市は、東京府と合併して東京都となりました。同年、東京都長官の命令によって、猛獣処分がおこなわれ、この処分により、クマ、ライオン、トラなどの猛獣に加えて、動物園の人気者であるゾウも殺されました。また、このとき処分をまぬがれたカバも、1945(昭和20)年3月の東京大空襲のあと、飼料が途絶したこともあって、処分されてしまいました。
 終戦後は、上野動物園の復興ぶりはめざましく、「動物園は平和そのものである “Zoo is the Peace”」を合言葉に、戦後の混乱でつかれきった人々に、暖かい風を吹き送ることができました。
1952(昭和27)年におこなわれた創立70周年記念祭は、上野動物園の復興を象徴する催し物でした。1949(昭和24)年からはじまった園域の拡張により、記念祭のときには戦前の4倍もの大きさになり、海水水族館も開館しました。さらに同年夏にはアフリカ産の動物も到着し、動物園は大いににぎわいました。
 そしてこの後、上野動物園にとって発展の時代が到来します。ゴリラの購入とモノレールの開通、いそっぷ橋の開通など大きな事業が重なり、さらに開園80周年を記念して、大水族館(水族爬虫類館)がオープンしました。これによって、上野動物園の飼育動物の数は飛躍的に伸びていきました。
昭和初期の近代化によって建造された諸施設も、この頃には老朽化の様相を示しており、開園100周年を目指して大改造計画が立てられました。
 ゾウ舎完成によって口火が切られ、園内の様相が徐々に変化していくなか、1972(昭和47)年、日中国交回復を記念して、ジャイアントパンダの“カンカン”と“ランラン”が到着し、入園者の数はたちまち増えていきました。1977(昭和52)年には、震災対策に主眼をおいた西園北部地区の改修も開始され、小獣舎を含めた新しい動物舎群がつくられていきました。
 1982(昭和57)年、上野動物園は100周年を迎え、第2世紀へと踏み出しました。
1970年代以降、動物園は希少動物の種の保存が重要な役割と認識されるようになり、東京都でも1989(平成元)年より、都立動物園が分担して飼育繁殖に取り組む「ズーストック計画」を開始しました。これにより、動物たちの福祉に配慮した広い飼育繁殖施設として、「ゴリラ・トラの住む森」、両生爬虫類館(ビバリウム)、「ゾウのすむ森」、「クマたちの丘」などがオープンしました。
 2011(平成23)年4月には、ジャイアントパンダ(2頭)を約3年ぶりに公開。同年10月には、広い放飼場を備えた「ホッキョクグマとアザラシの海」もオープンしました。  (「上野動物園の歴史 | 上野動物園公式サイト – 東京ズーネット」より)]

上野動物園ホームページ」 – 「園内マップ

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 下谷絵図」(絵図右上・寛永寺境内の寒松院を含む、その上方向が上野動物園になります。)

上野動物園表門前のストリートビューです。

上野動物園表門内・東園のストリートビューです。

上野動物園表門内・東園パンダ舎前のカメラです。

上野動物園・モノレール下の360citiesです。

上野動物園・モノレール西園駅前のストリートビュー

不忍池・鵜の池デッキ橋のストリートビューです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*